無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

2007/05/17

人生はエンターテイメント!(後編)

Seat

5/13に行ってきた『サクラ大戦・武道館ライブ ~帝都・巴里・紐育~』の感想の後編です。舞台セットは豪華客船をイメージしたもので、帝都・巴里・紐育の各歌劇団のファンを招待しての特別観劇をしながらの航海という設定のもとで始まる。が、しかし公演の大部分においてこの設定は大して関係なかったw。

いきなり帝国歌劇団による『檄!帝国華撃団(ゲキテイなんて軽い呼称は却下である)』、巴里歌劇団の『御旗のもとに』、紐育歌劇団による『地上の戦士』の主題歌メドレー兼メインキャストのお披露目。ここで早くも泣けてきている俺。三曲とも名曲ということもあるけど、キャストの皆様のキャラクターとの同化度(?)がとんでもなく高くて、身震いするほどだった。(公演セットリスト→「sakura.txt」をダウンロード

サクラの舞台に今まで行ったことがなかった理由に、「声優のコスプレ舞台ってホントに面白いのか?」という思いがあったのは否定できない。イメージの合わない人もいるし(ちっちゃいカンナ・デカいアイリスetc.)、実際に舞台の様子を報じる記事を見ても行きたいと思わなかったし。でも、イメージが違うとかそういうレベルを飛び越えて、舞台で舞うキャストの姿がキャラクターと自然に"同化"するのを目の当たりにして、自分がキャストの皆様の実力と努力を軽視していたのかを恥じた。

それは一枚絵だけで判断できるようなものはなかったのだ。生公演でこそそれは発揮され、そのために舞台での公演は必須だったのだ。目前で歌い踊る演者は、声優個人などではなく、具現化したキャラクターそのものなのだと。そうなるためのプロとして、どれだけの努力を彼らはしているのだろう。実際『激奏』と比べても、そのパフォーマンスの完成度は断然こちらの方が高かった。途中陶山章央@大神一郎さんがMC中に奈落に落ちちゃったり(怪我が無くて何より)みたいなアクシデントはあっても、歌やダンスの大きなミスは見当たらなかった。元々"歌える"キャストさんを集めているとはいえ、流石としか言いようが無い。

大半がフルコーラスでなく1曲が短いのも、多くのキャストの歌が楽しめて良かったね。加えて帝国歌劇団の歌唱曲が初期のものが多く、舞台未経験な俺にもわかる曲がほとんどだったことも幸いした。これは10年という『歌謡ショウ』の歴史の中で生まれた膨大な曲数を考えたら考えられないことで、スタッフ側が今回の客に俺のような舞台ビギナーが多いことをあらかじめ想定していなければできないことだ。新参者から古参までを楽しませようという気概を感じて嬉しくなってしまった。

今回感じたことは、ライブがメインのイベントだからかもしれない。舞台劇がメインになると、また別の感じ方があるのかもしれない。ただ武道館から出る時の満足感は、これが最上級のエンターテイメントであったことの証明だった。少なくとも『サクラ大戦』ブランドで行われる舞台は、この完成度に向けて作られるとわかった以上、もう『声優のコスプレ舞台』などと軽々しくは語れない。素晴らしきかな、レビュウ!

人生はエンターテイメント!(前編)

Sakura_live

5/13は『サクラ大戦・武道館ライブ ~帝都・巴里・紐育~』に行って来ましたよ。『サクラ大戦』とはサターン版「1」の復刻限定版からの付き合いになるが、ゲームやOVA・テレビアニメ・映画と付き合ってきても舞台関連には今まで行ったことが無かった。それでも今回出かけたのは、歌メインの単発ライブであったことと、これまでのキャストの(ほぼ)全員が揃うことは今後もう無いだろうということ…帝国華撃団花組の参加する舞台もこれで見納めになるという予感があったからだ。

長年に渡って開催されていた『サクラ大戦歌謡ショウ』シリーズも10年の節目に去年で終了していた。巴里華撃団と紐育華撃団とでイベントは続いているが、今後は主役級のゲスト出演はあっても帝国華撃団のメンバーはもう揃うこともないだろう。横山智佐@真宮寺さくらさんこそイベントのラストで「次は『大帝国東京ドーム』でお会いしましょう!」と盛り上げていたが、メインキャストの一人である田中真弓@桐島カンナさんはパンフレットの中で「今回で最後」を明言していたり。DSで出るという完全新作RPG(?)での出番はあるのだろうか…。

そんな気持ちで開場を待つ武道館の周辺は、往年のサクラファンが集い賑わっていた。普段プロレスで年に何度も来ているが、それに勝るとも劣らない人だかり。事前情報ではチケットの売れ行きの鈍さが伝わっていたが、未だ根強い人気と底力を見た思いだ。コスプレで装うファンも多く(写真下方の人波の中に戦闘服姿アリ)、自然と気分は高揚してくる。

武道館に入り、アリーナの自分の席を確認…(後編の画像参照)…そして絶望を知るorz。アリーナ内で端になること自体は覚悟していたが、目の前の張り出し舞台が思いの他高く、一階席と同じくらい(3mくらい)ある。どういうことかというと、メイン舞台にも中央張り出し舞台からも遠い上に、前には壁がそびえ立っているということだ。アリーナ席はフラットなため、立たれてしまうと舞台への視界は絶望的。目の前の張り出し舞台にキャストが来てくれても、近すぎて見えやしない。何という八方塞。

しかし、そこでお久しぶりのサクラファンの友人と半年ぶりくらいに偶然に会い、奇跡が起きる。何とその友人のツレが二階席最前列のチケットが余らせていて、それを譲ってくれるというのだ。サクラの舞台自体が初めてということもあり、アリーナの端よりは高いところから見たいなぁと思い始めたところだったので、文字通り渡りに舟。お言葉に甘えて二階席へ。最前列ということもあり視界良好。舞台から多少遠くなったといっても、その分全体が見渡せる。まさしく望んでいた通りの場所に大満足。あとは開演を待つばかりだ。

【後編に続く】

2006/03/12

サクラ大戦 1&2

リンク: サクラ大戦 1&2.

はい、罪なゲームですw。『サクラ1』の第一話なんて、今まで20回以上はプレイしているはず。セガサターン版から始まって、ドリームキャスト版、PC版、リメイクPS2版。出す方も出す方だけど、律儀に付き合っている方も付き合っている方だわw。

今回のソフトは最新のリメイクPS2版ではなく、初代からの遺産を忠実に再現しようとしてます。画面が横に伸びたことで、戦闘時の画面に情報が増えてます。ただ、ムービーが横に伸ばされちゃってるの…_| ̄|○。設定で4:3表示にできるようになっていてほしかった。

ムービーはまぁ我慢しよう。どうせ重要なとこ以外は飛ばすし。致命的なのはアクセスの多さ。台詞一つ、Lips(選択肢)の表示一つでイチイチ読み込みに行くので、ストレスたまりまくり。PCエンジンの初期のCDロムゲームがこんな感じだったなぁ!ヽ(`Д´)ノ

とりあえず1話だけ終了。とっととクリアしてミニゲームで遊べるようにしよう…目的はもはやゲーム本編ではないのだ。

2006/03/04

100歳

李紅蘭【りこうらん】 1906年3月3日生 

サクラ大戦/帝国華撃団花組隊員
中国北京出身
父:策杏 母:香燕
血液型;B型 身長156cm 体重42kg
B/W/H:78/55/81
好き:発明・機械いじり
嫌い:嘘・納豆

…と言うわけで、未だに衰えぬ紅蘭熱。そのくせBBHにかまけて誕生日中に更新するのを忘れる_| ̄|○。何と今年で100歳ですってよ。Happy Birthday!!

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31