無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

2007/11/03

"夢の続き"はまた来年

クライマックス・シリーズが目前に迫る。相手は竜か虎か。終盤の勢いを忘れていないか。巨人の誇りは燃えているか。リーグは制しても戦いは終わらない。今こそプライドを胸に、完全制覇を我らに。

-------------------------

前回の記事の最後をこう締めくくった。『喝采』を観劇したあとで新宿で徹夜してチケットをゲットして、JFKが機能しなくなっていた阪神相手に難無く勝ち抜いてきた中日とのクライマックスシリーズを迎えた。

…何だコレ('A`)

『GIANTS PRIDE』どころの騒ぎじゃないよ。逃げの配球で打たれちゃいけないウッズや谷繁に打たれ、しちゃいけないミスをして、悪夢の三連敗で敗退。リーグ優勝チームが日本シリーズに出られないのは初なんだそうだ('A`)。確かに試合の間隔は空いた。でも、勝敗はともかく、最後までプレーに「絶対に勝つんだ」っていう烈火の気合を感じさせてくれなかったことに関しては『そんなの関係ねぇ!』のですよ。挑戦者として臨むと意気込む指揮官の言葉とは裏腹に、ペナント終盤の勢いは最後まで戻らなかった。

徹夜ゲットなチケットを握り締めて観戦したCS第二ステージ第三戦。これで負けたら全てが終わるという試合。投手戦の中で、二岡のバックスクリーンへのソロで先制。これは勇気をくれる一発!…と思ったらウッズに逆転3ラン。すぐに小笠原のタイムリーで1点差に追いつくも、谷繁のソロで突き放される。そして最後の9回裏。先頭の南海を知る漢・大道がこの重要な場面でも守護神岩瀬から執念のレフト前ヒットでノーアウト1塁。代走は古城。ラストチャンスに観客席も沸きに沸く。次の打者8番ホリンズは小技は期待できないが、凡打で進塁できなくても次の9番は器用な木村拓。たかが2点差、1番バッターまで回ってくれれば…!

しかし、夢は儚い。ホリンズが打ち上げたレフトフライにランナー古城が何故か飛び出して一気に2アウトランナー無しになって、スタジアム全体のテンションが瞬時に氷河期に。思わず前の座席にまで倒れこんで、突っ伏して呪いの言葉を吐いてしまうorz。そして凍てつくスタジアムの中、木村拓はあっさりと三振に倒れた。今年のジャイアンツの戦いが終わった瞬間だった。

そして中日はCS5連勝の勢いのまま、日本シリーズでも4勝1敗でも勝利。10試合で9勝では文句のつけようもなく、中日の優勝についてとやかく言うつもりは全く無い。全く無いのだけれど。…あぁ、これは勝って言いたかったな。何を言っても負け惜しみになってしまうじゃないか。でも言う。

クライマックスシリーズなんていらねぇよウワァァヽ(`Д´)ノァァァン!!

2007/10/12

GIANTS PRIDE

2007

めっさ遅くなりましたが。ジャイアンツ、セ・リーグ優勝しました!  めでたい!。・゚・(ノ∀`)・゚・。 いやーもう、交流戦を無事に通過してオールスター前に大コケした時は、どうなることかと思いましたけどもね。オールスター休みが有効に働いて調子が上向いて、途中で6連勝して6連敗したりなんてこともあったけど、これなら何とかなるかと期待してました。ところがそこに伏兵が横槍を入れてきた。一時期絶不調で優勝戦線から遠ざかっていたはずの阪神が、怒涛の連勝で一気に首位戦線に食い込んできやがった。

9月頭の中日阪神6連戦。対中日に何とか勝ちこしたものの、阪神には全て1点差の3連敗。続くヤクルト3連戦でも負け越して、チームの命運は絶たれたかに思われた。そして迎えた広島3連戦の初戦、9月14日。序盤に内海が崩れ最大6点差まで広がった試合を、9裏に一気に5点を奪って同点に追いついてのサヨナラ勝ち。同点打が三番手以下の捕手だったはずの加藤健ということもあって、残り13試合のラストスパートに向けてチームが加速し始めた。この日の時点で巨竜虎が0.5ゲーム以内の大混戦。

しかし、怒涛の10連勝のツケが回ってきたかJFKが打ち込まれ、阪神が連敗で大失速。巨人と中日が大きな失速もないまま競り続けて迎えた、本当に最後の天王山。9月24日~26日の3連戦。俺が観戦したorz初戦を木佐貫の乱丁で落とし、中日にM7がついに点灯。2戦目を内海の11奪三振の力投で奪い返し、迎えた正念場の3戦目。初回に高橋尚が自らのミスから奪われた4点を打線がコツコツと早いうちに一点差まで返して、5回に完全復調した主砲スン様のソロで同点、6回には伏兵脇谷の2ランで勝ち越し、8回にはヨシノブの2ランでダメ押し。マジックこそ消せなかったが、これで大きく優勝に近づいた。

残り試合を全て勝って初めて優勝の中日だったが、流石に息切れしてついに巨人に逆M2が点灯。試合の無い間にM1となって迎えたヤクルト戦、10月2日。この日も先発内海が3点取られてからも流れを話さず、1点差で9回の矢野と清水の執念のヘッスラ内野安打が生み出したサヨナラエラーでの優勝決定。オールスター前の苦闘がウソのように投打が噛み合い、気がつけば9月14日の大逆転勝利から10勝3敗。竜虎の勢いに負けなかったことが結果につながった。

個人的なMVPは上原。ポトリポトリとヒットこそ打たれるものの、要所をきっちり締められる制球力は流石。豊田や林がしっかりしていたら勝負どころの秋には先発として帰ってこれたろうし、本人もそれを望んでいただろうけれど、よく我慢してくれた。上原の献身が無かったら、今年の優勝は無かった。

谷・小笠原のFAコンビが加わったことで、一発もありつつ連打も狙えるブ厚い打線になったことも大きい。1番に抜擢されたヨシノブがチーム最多の35本のホームランを打った他、小笠原・慎之介・スンも30本到達。得点・ホームラン・チーム打率で他球団を大きく引き離せた。

ラストスパートにスンヨプの復活が間に合ったのも、最後の競り合いには大きかった。9月23日横浜戦。3番小笠原を敬遠して、それまでしばらく当たってなかったスンヨプに勝負を挑まれた。ここで走者一掃のタイムリー3塁打を放ったことで、打席でのオーラが戻った。そこからの決戦の日には必ずスンヨプのバットが火を噴いた。四番の一振りはチームを勢いづけ、勝利を呼び込んだ。

クライマックス・シリーズが目前に迫る。相手は竜か虎か。終盤の勢いを忘れていないか。巨人の誇りは燃えているか。リーグは制しても戦いは終わらない。今こそプライドを胸に、完全制覇を我らに。

http://www.nicovideo.jp/search/NNN24 ←優勝決定までの色々をニコ動にうpってましたw。

2007/07/30

選挙の日 投票行って プロ野球

7月29日(日)は全国的に選挙投票日。熊谷に潜伏していても本籍は所沢なので、投票する時は毎回実家に帰ることになるわけですが、普段は不在者投票にしちゃうわけですよ。何故ならその方が近いからw。最寄駅から実際の投票所である我が母校の小学校までを10とすると、不在者投票所の市役所が1、実家が6の距離になるので、手間が全然違うのですよ。

今回不在者投票にも行く暇ができなかったので、久しぶりに母校に徒歩で行ってみることにした次第。始めの数回で懲りて不在者投票にしてたから、小学校を訪れるのは10年ぶりくらいになるんだろうか。せっかくなので、かつての通学路をてくてく歩いてみる。午後から雨予報だけどまだ晴れていて、暑いわ蒸すわで大変だったけど、歩いてみると思ったより早く到着。

070729

よく遊んだ通学路脇のマンションの公園が荒れ放題だったり(左上)、当時から古くて10年前に見た時に変わってなくて驚いた体育館がまだ健在だったり(右上)、当時と変わらぬウサギ小屋で今も何代目かのウサギが野菜をはむはむしてたり(左下)、校舎自体も老朽化しててペンキくらい塗れやと思ったり(右下)。

一番驚いたのは、流石に営業してなかったみたいだけど、行き着けwだった駄菓子屋が当時の門構えのまま建物が残っていたこと。…べ、別に所沢が過疎ってるわけじゃないんだからねっ! 確かに写真だけ見ると「いったいここはどこの廃校だ」って感じだけど! ちなみに荒れ放題なマンションにも人が住んでますw。

投票を午前中に終えて、冷房の効いたバスと電車に揺られて半分寝ながら、やってきました巨人対広島@東京ドーム。日中さんざん歩いたから、ドーム内も涼しくてありがたい。そして試合は大花火大会。

C|000|000|000|0
G|501|012|00x|9

小笠原23号3ラン、阿部21号2ラン、二岡12号ソロ、高橋由24号ソロ、スンさん19号ソロ、とどめに阿部22号ソロ本日2本目っと。何と6本で9安打9点。阿部が「ゴールキーパーのつもりで捕っていた」とまで言ってしまうwほどの福田のちょお荒れ球に幻惑された広島に、快勝でございました。

これでオールスター明け2カード連続勝ち越し。試合内容も調子を崩す前の状態に近づいている感じ。逆に中日が調子を落としていて、さりげなく首位を奪還。今は地道に目の前の試合を勝っていくだけですな。

2007/07/20

おおおぉぉおおおい!!

  29日(金) ○ 12 - 6 vs.広島
  30日(土) × 6 - 8 vs.広島
   1日(日) ○ 9 - 6 vs.広島
   3日(火) × 3 - 8 vs.横浜
   4日(水) ○ 5 - 1 vs.横浜
   6日(金) × 4 - 5 vs.ヤクルト
   7日(土) × 0 - 9 vs.ヤクルト
   8日(日) × 7 - 14 vs.ヤクルト
  10日(火) × 1 - 2 vs.阪神
  11日(水) × 4 - 9 vs.阪神
  12日(木) × 3 - 4 vs.阪神
  13日(金) ○ 3 - 0 vs.広島
  14日(土) × 2 - 8 vs.広島
  15日(日) × 2 - 4 vs.広島
  16日(月) ○ 4 - 2 vs.阪神
  17日(火) × 0 - 4 vs.阪神
  18日(水) × 3 - 5 vs.阪神

交流戦末期にどうも打線が調子悪くなってきたなぁと思っていて、案の定ペナントレース再開後は調子に乗れず、オールスター前9連戦を4勝5敗で行ってくれたら御の字と思ったら、何を思ったか2勝7敗。投手と打線と首脳陣が互いに別な方向を向いている感じ。歯車がかみ合ってないどころじゃないぞ。

全体のバイオリズムが底辺のところでオールスター休みなのが不幸中の幸いか。このタイミングで試合が無いのはありがたい。オールスターに呼ばれてる選手は、怪我だけに注意して、リフレッシュして帰ってきて欲しい。オールスターに選出されてない選手は、このタイミングで自分を取り戻して欲しい。

首位を中日に奪われ、スリップストリームに横浜が張り付いたままだ。しかも球宴明けにいきなり横浜と直接対決ときたもんだ。ここで全てが決まる気がする。ここで復調して勝ち越せばまだしも、前半の不調を引きずったままだと苦しいぞ。

何とか立ち直ってくれ巨人!orz

2007/06/25

巨人対西武

交流戦はこないだの日ハム戦で終わりかなーと思ったらYFC招待券のお誘いをうけたので、いそいそと東京ドームへ。とは言え、交流戦6連勝&対西武3連勝という中だったので、さすがに今日はダメだろうなぁという後ろ向きの気持ちでドームへw。

まだ時間もあるしってことで、早めの食事をとっておくことにして水道橋駅界隈をウロウロしていると、ちょっと引っかかる店を発見。カレーがメインのお店のネパール・インドダイニングバー『SAPANA』。地下にあって店内の様子がよくわかんなかったけど、腹も減っていたのでいそいそと店内へ。

Sapana

日替わりランチセット¥1000を注文。カレー2つにサラダにデザート&ドリンク、ナンとライスは食べ放題。カレーの辛さは結構な段階で分かれていて、3辛で現地の辛さってことだったので2辛で注文してみたら…全く辛くない。数段階辛くしても良かった。焼きたて熱々のナンはとても香ばしく美味しかった。これで¥1000なら申し分ないかな。もっとカレー多くてもいいかなという気はするけど。

…え? 野球?(゚⊿゚)

相手の先発西口の調子は2階席から見てもそれなりに良く、こないだのグリンに比べたらまだ納得いかんこともないんだけど…。それにしたってあと1本が出ない。気を吐く高橋由と木村拓(と最後に慎之介)をヨソに、打線が沈黙しまくり。良い当たりが正面をついたとはいえ、好機を2度潰した小笠原。少々心配だ。

西武ファンの実姉が後からドームに観戦に来て、何度も何度もメールで『m9(^Д^)プギャー』やられたorz。林が打たれたダメ押し2ランが姉んとこ飛んでったらしく、拾ったホームランボールを携帯で写真で送ってきやがって。見てやがれ、秋に笑うのはこっちだぞウワァァヽ(`Д´)ノァァン!

2007/06/12

巨人対日本ハム

Goto

交流戦も一度は観戦しておかないとねって事で、6/10(日)は再び東京ドームに俺、参上。対戦相手は現在交流戦首位の日本ハム。前日のヤクルトに負けるまで12連勝してて12勝1敗、防御率1点台って何事ですか。12連勝のうち2つは巨人が献上しているので、リベンジマッチでもあるわけで。

試合開始まで半端に時間があったので、ちょお久々にドーム内の『野球体育博物館』へ。展示品にWBC関連のものが増えていたり、常にアイテムを入れ替えているようだ。細かいところでは『図書室』が。個人所有のものの寄贈なんじゃなかろうかと思うくらいの規模だったけど、過去の新聞の切り抜きやらがたっぷりで、真面目に見始めたら熱中してしまいそう。

写真は、博物館の展示品『誓いの白球』に書かれていた我等が後藤孝志選手の"誓い"。無駄に達筆w。直径2m30cmの巨大なボールに、当時の現役選手・監督達がメッセージを書き込んだもの。まだ元木とかもいて、ちょうどBBH1の頃の選手達ですな。真上付近はともかく真下付近に書かされた選手もいて何ともw。

さて、肝心の試合は…なんともしまらない展開で終わってみれば1点差負け。

F|010|002|000|3

G|000|000|101|2

ハムの先発グリンをまぁ打てない打てない。上から見てると(前回ヤクルト戦と同じような標高の席)ストライクとボールがはっきりしてるし、球速が出てるわけでもないし、なーんで打てないのか首をひねるばかり。そうこうしてるうちに2連打で先に点取られーの、いらんとこで4番に2ラン打たれーの。

そして9裏、あと1点まで追いついて1アウト1-3塁。サードランナー代走鈴木尚、代打矢野。今年は代打の代打で逆転満塁ホームランも打ったこともあるし、ここは余裕で犠牲フライかと思ったらスクイズ狙い。一度構えを見せても内野は前に出てこない。ここは転がせば1点確実。よぉし転がしたー!

鈴木尚…何でおまえは投球と同時にスタートしてないんだ…orz

1点もらうどころか普通の送りバントでアウトカウント増やしただけでやんの。結局そのまま終了。慎之介も怪我するしロクなことがなかったな。矢野はこの日の鬱憤を翌日に晴らす代打ソロホームラン。その1点で勝利を呼び込み、チームも日ハムに何とか一矢報いることができた。

12日終了時点で60試合消化で36勝24敗でセ首位。交流戦でも9勝6敗で4位。失速せずに貯金まで作れているのが夢のようだ 。・゚・(ノ∀`)・゚・。 2位中日が1.5差できっちり着いてきているので、気を緩めず戦っていってほしいものだ。

2007/04/16

巨人対ヤクルト

G_vs_s

急に思い立って、日曜日にプロ野球観戦。巨人対ヤクルト@東京ドームですよ。外野方面はあっても、このアングルからの観戦は初めてで、かなり新鮮な気分で楽しんできました。

試合展開も巨人ファンには何のストレスも感じない展開で、序盤の大量リードを守ってのんびり。

S|000|000|000|0

G|007|000|02x|9

得点がホームランだけというのもこの際大いにアリw。何より"あの"ホリンズさんが四球・HR・二塁打・二塁打ですよ。相変わらず空振りが打てなさそうな雰囲気を醸し出すけど、あれは実は投手の油断を誘うためのポーズなんじゃないかと思うくらいの活躍でしたよ。次戦以降も続いて、春の珍事で終わらないことを祈りたい。

高橋尚も序盤から球数が多くてどうなるかと思ったら、5回以降からリズムが良くなって気が付いたら5安打完投完封。開幕から25イニング無失点だそうですよ。何気にチーム防御率・チーム打率が12球団トップだったりする巨人、現在セリーグ2位。このまま行ってほしい。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31