無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

2008/02/03

2007年12月2日という素晴らしき日の出来事

その日の武道館の光景を、いつまでも忘れることはないだろう。

K1

武道館を埋め尽くした17000人(超満員)の観衆は第一試合から出来上がりまくり声援に応えて選手も張り切って好試合を見せる。そしめメインイベント。地鳴りのような小橋コールガンを乗り越えてリングに帰ってきた小橋を、花道脇で迎えられる喜び。数万羽の折鶴に見守られて入場してくる小橋に向かって、歓喜に泣き叫びながら拳を振り上げる。おめでとう、ホントにおめでとう。よくぞ帰ってきてくれた。こんなに嬉しいことはない 。・゚・(ノ∀`)・゚・。

しかし、復帰に喜ぶのは花道を通ってリングに上がるまで。ゴングが鳴ったら、あとは小橋のターン。この舞台に帰ってくるために努力してきて、これが日常になるために帰ってきたのだから。ファンはその背中を応援するしかない。むしろ戦いはこれからなのだ。節制に節制を重ねて腎臓をいたわりつつ、これ以上良くはならない膝を抱えて、いつどちらの爆弾が爆発するかもしれない焦りを抑えて、可能な限り早くトップ戦線に戻らなければならないのだから。

試合は復帰戦とは思えないほど、熱く激しいものになった。秋山も三沢も、小橋のいない間ノアのリングを守ってきた自負をぶつけ、高山は小橋に復帰戦の勝利を捧げるだめに懸命にフォローに回る。そして小橋は、リングに戻ってきた喜びを表すかのように、今の持てる力を全て発揮した。痛めている膝を省みずムーンサルトまで繰り出したが、最後は三沢の雪崩式エメラルドフロウジョンという最大級の歓迎に沈んだ。

K2

3カウントを奪った三沢のテーマ『スパルタンX』に合わせ、自然発生的に沸き起こる小橋コール。負けたはずなのに、花道脇から次々と花道を渡されながらを譲られて戻ってくる主役。その姿が花道奥に消えるまで、小橋コールは鳴り止むことは無かった。

その後の検査も良好が続き、今年の1月シリーズでは2試合をこなし、2月シリーズでは5試合。少しずつ巡業に適用しようとしている。焦らず、急がず、確実に。

2007/11/03

全ては、小橋建太のために。

Kt

10月13日@ディファ有明。10月27日@日本武道館。ノアを観戦するのはいつものこととしても、今回は正直なところ試合は重要ではなかった。13日はファンクラブ先行予約受付、27日は一般先行発売日。12・2日本武道館大会、小橋建太復帰記念試合のチケットでより良い席を確保するための作戦決行日だったからだ。

まずは13日。FC先行といっても、座席は先着順ではなくFC枠の中での完全抽選。しかも場所がわかるのはチケットが届く11月に入ってから。これがハッキリしててくれれば、27日に苦労しなくても済んだんだw。…と文句は言っても限られた機会であることは事実なので、有効に利用させていただいた。と言っても何故かFC会員じゃないので、マイミクさんの伝手で男性名の会員証を調達していただいて、それで申し込むことに。人のつながりって大事だねw。

お借りする立場なのでできるだけ早く行こうと思ったんだけど、お寝坊さんして到着は10時前。えらく行列になってるかと思いきや、ディファはほとんど人がいなかった。合宿所の若手がコンビニに行ったりするのを眺めつつ雑談をしていると、ジュニアの重鎮菊地さんが絡んできたりw。昼前から試合前まで出たり入ったりと、まぁ何とも暇そう。友達いないんですかw。

で、15時の受付開始から、ものの3分くらいで受付終了。行列全体でも30人いたかどうかだし、抽選ってことも考えたら、ふつーに来て受付してもらっても良かったかもしれない。しっかし、3万円も支払っているというのに領収書というか受付を証明するものを発行しないというのは、企業としてどうなんだ>ノア。これでミスでチケットが割り当てられなかったら、目も当てられないぞ。

というわけで27日、というか26日の夜。もしかしたらFC席より良い場所を…の夢を目指して、ほぼ終電で武道館へ。秋も深まりしかも台風接近ということで、防寒と雨対策だけは万全にして出かけた。何せ富士SWでは苦労したからねぇ…まだ書いてないけどw。既に並んでる人がいて(!)、3番目を確保。

本当は場所取りだけして漫喫にでも退避しようかと思って(事実、2番目に場所取りしてた人は直前まで帰ってこなかった)場所も調べてたんだけど、一番近いとこが24時間営業のはずが23時で閉店してやがって意気消沈orz。水道橋方面まで歩けばいくつかあるんだけど、何だかメンドくなって武道館に引き返した。ちょいと夜風が冷たくなってきたけど、首を隠せば何とかなりそうだってことで、武道館で野宿w。26日のライブの撤収が夜中まで続いてたけど、気にせず寝る。

6時くらいに目が覚めた。4時間弱は寝れただろうか。いつの間にやら雨が降っていたけど、武道館の屋根の下に吹き込んではきてなかった。お腹がすいてマクドナルド行ったり、トイレ行ったりする間だけ傘さしてウロウロして少し濡れたけど、それ以外は全くもって快適な野宿であった。

実は寒さ対策やらに気を取られすぎてこの日の興行のチケットを忘れていたwので、前売り券と同時に購入。当日券では先頭だったせいか、武道館では新記録の4列目での観戦。しかも挨拶に訪れた小橋が目の前を通過するおまけつき。あとは12・2を待つばかり。wktkが止まらない!

12_2_c

一試合だけ触れておこう。武道館のセミで組まれたGHCタッグ選手権。ディーロ&ブキャナン対丸藤杉浦。結果的に外人コンビは負けてしまうわけだが、素晴らしい試合だった。ディーロ&ブキャナンを称える、自然発生のRODコール。そしてそれに気づいた瞬間のディーロの誇らしげな素敵な笑顔にマジ泣き。G+でも笑顔の出た瞬間は捉えてなかったんだよなぁ、もったいない。ホント良い顔してた。PLEASE COME BACK!

2007/09/19

格付けの曖昧さとストーリーの引き伸ばしと

9・8はノア@日本武道館大会『GREAT VOYAGE'07 in Tokyo』。シリーズを通して行われていた『GHCヘビー級選手権挑戦者決定トーナメント』の準決勝と決勝が行われる。地方ではそれなりに好評を博して盛り上がってきた企画だったにもかかわらず、スタンドは明らかに空席が目立ち、アリーナもこれまでに比べて椅子の数が少ない。それでいて一階席を大きく潰しているので、客数的には秋山対雅央@GHCの時と同じくらいかもしれない。発表は14000人(超満員)だそうだ。…胸を張っては言えない。

途中のジュニアのタッグ戦が金丸とKENTAのぶつかり合いで白熱したり、藤波&西村の『無我』参戦したり、サモア・ジョーの次々期GHC挑戦決定が発表されたり(トーナメント最中にもかかわらず!)、話題はあったけど、やっぱり挑戦者決定トーナメント。

彰俊対丸藤は、98%彰俊が攻めていて最後の一瞬で負けるという対ヨネ戦と同じ展開。圧倒的に攻めることで彰俊の格自体は落ちないとはいえ、これでは彰俊はただのウッカリ者である。秋山対森嶋はド迫力な攻防の末に森嶋がパワーで押し切った。この試合に関しては真正面からぶつかり合う良い試合だった。

しかし、シリーズ途中で痛めた腰が悪化したのか立ち上がれない『勝者』森嶋をリングに残したまま、休憩を挟まないで決勝の丸藤森嶋がスタート。会場どよめきまくり。普通どんな格闘技のトーナメントであっても、こういう場合は途中で無関係の試合をはさむもの。今回で言うなら『無我』勢も参戦しているのだから、三沢潮崎対藤波西村をセミに持ってくることはできたはず。

丸藤対森嶋は、丸藤がポールシフトで森嶋を粉砕してパワーアップを証明しての勝利という結果になった。ただ、森嶋の敗戦には「米国ROHとのハードスケジュールな日程もあったし、当日二連戦だったし」という『言い訳』が出来てしまう。本人は絶対に言わないけれど、見る側にそういう印象を与えるための試合順としか思えない。結果的に丸藤の勝利にも森嶋の国内外での頑張りにケチをつけることになった。

完全な決着を先延ばしにする展開の連続と、トーナメント中の次々期挑戦者の発表もあり、妙な違和感を残した武道館大会となった。内容としては良かった試合が多かっただけに、少々残念だ。

2007/09/01

『Viva Mexico 2』なのに

0825

8/25はノア@ディファ有明。ステージ席が改装されて、かなり観戦しやすくなりました。今シリーズは『GHCヘビー級選手権次期挑戦者決定リーグ戦』が行われている。シングル戦が増えるのは良いこと。リーグ戦を通して誰が("格"的に)上げてくるかを予想しながら見るのも楽しい。今回は杉浦が大先輩多聞から金星を上げて、ヘビー級戦線への足がかりを確実なものにしてくるんじゃないかと期待…していたのだけど。

<第六試合 ×杉浦(7分20秒 レフェリーストップ )○多聞>

先に入場した杉浦が花道脇で隠れて待ち伏せ、入場してきた多聞を花道ジャーマンで奇襲。いかん、それは格下のやり方だ…と思っていると立ち直った多聞が鬼神の気迫で盛り返し、最後はフロントネックロックで杉浦が失神。正面からぶつかって、劣勢になったところで大逆転ってのを期待していただけに残念。力強さは感じられるもののゴング前以外は目立ったところも無かった。

<第七試合 ×彰俊(12分35秒 片エビ固め )○ヨネ>

9割は彰俊のターン。圧倒的に攻める彰俊は、3カウント入りそうなところで相手を起こす余裕っぷり。そんなことやってるとーと思ったらフラフラのヨネが側頭部に左右のキック連打で逆転KO勝ち。しっかし、ヨネは安定してるものの進歩も無い。そろそろギロチンとキン肉の次が出てこないと厳しい。

<第八試合 ×潮崎(23分18秒 体固め )○秋山>

今年に入ってからシングル戦が多かった潮崎、リーグ戦に入っても結果はついてこないものの試合内容が評価され続けている。初戦の森嶋戦も良かったし、この日の秋山戦も観客を盛り上げまくっていた。かつて小橋コピーと言われ続けていた試合展開も独自のものが出てきて、爆裂チョップも本家並。このまますくすく育ってくれれば、森嶋力皇に並び立つのもそう遠くないだろう。

それにしても『Viva Mexico 2』なんてサブタイつけてメキシカンを今年も呼んでいるわけだが、ノア関連選手と絡まないと声援のしようがなくて困る。試合もメヒコな展開(?)でトロいし、盛り上がらなかった。せっかく呼ぶのだから、もっとノアの若手と絡ませてってほしい。

2007/08/09

小橋建太 対 サモア・ジョー @NY

Samoa Joe vs Kenta Kobashi ROH

プロフィールに追加する | もっと見る

アメリカでの小橋の崇拝されっぷりが痛快。

2007/07/22

花道脇からの風景

070716_1

7/16(月)は、ノア武道館に続いてROH日本ツアーを観戦。16日はノアと合同、17日はドラゲーとの合同で興業を行う。どっかの土日でやっていたら両方行けたのに、残念だ。リングは恐らくノアのもの。しかしマットの色が違うのでかなり違和感が。SEMよりは見やすいがw。

試合開始30分前に到着して、さぁ珍しいグッズはあるかなぁと売り場を覗いてみるが、日本ツアー記念Tシャツと応援メガホン(二股で叩くやつ)は売り切れorz。買ったのは¥500の折りたたみパンフと、小橋がアメリカ遠征時に参戦した時のDVD。「残り3本でーす♪」とか言われたので衝動買い。

アメリカ本国向けに当然ながら進行は全て英語な上に、選手の予備知識が圧倒的に足らない。ノアの選手と絡む時にはノア目線で見れるんだけど、序盤の数試合は内容が微妙だったこともあって盛り上がらず。引き上げる選手がちょっと不満げな顔してた。そんなとこまで見れるのが花道脇の席の魅力。もちろん選手ペタペタ触りまくりw。

潮崎対ダニエルソンは、ガウにとってはベストバウトじゃなかろうか。巧くダニエルソンに引き出してもらった感じではあるけれど、自分のできることを全て出せたんじゃなかろうか。試合に納得いったのか、メインのセコンドについたガウは、とても楽しげだった。森嶋とROHヘビーを争ったマッギネスは「ワタシガイチバーン!」はもうやめたほうがいい。損しているよ。

その森嶋はどんどこ怪物性を増していて良い感じ。日本ツアーも終わったことだし、そろそろノアに帰ってくることだろう。その時こそ、ノア新時代の本格的幕開けになりそうだ。

二階席からの風景

070715

7/15(日)はノア武道館。何と2ヶ月ぶりのプロレス観戦ですよ。シリーズ中行われていたジュニアタッグリーグ戦の決着と、白GHCでのし上がってきた志賀川畑組が秋山力皇組に挑戦するGHCタッグ選手権と、王者三沢対挑戦者田上のGHCヘビー選手権『四十五歳対四十六歳』対決が見どころ。

丸藤飯伏対KENTA石森は文句無く今日のベストバウト。今年に入ってからでも1月のコタビン対ブリスコ兄弟に匹敵するんじゃなかろうか。その再戦となった今日の試合では最後まで互いにもう一歩を踏み込めず、最後は後味悪いドロー。表彰式はブーイングで包まれたが、あれは同点決勝を観客が見たがったが故であって、試合自体は悪くはなかった。

GHCタッグは…これはもう地力が違いすぎるので仕方ない。王者組の圧勝。志賀川畑の苦労人タッグが、長い時間をかけてたどりついたゴールを見届けるための試合と言ってもいい。次に義兄弟タッグがセミファイナルまで上ってくるのはいつの日か。というか、秋山は楽してねーで三沢の首を取りに行けと。

そしてGHC。三沢も田上も思った以上に動けていて、好試合にはなった。それについては全く問題ないのだけれど。はっきり言って、もう王者三沢のメインではお腹一杯にはなれない。次の挑戦者はジュニアタッグリーグの一応の成功をうけて、ヘビーのシングルのリーグ戦で決めるらしい。今まで手を出してこなかった領域に踏み込んでいくのは、進化なのか退化なのか…。

2007/05/21

上を向くこと、下を見ないこと

P5190016

5/19(土)は、ノア@ディファ有明でしたよ。らじお公録以来になるけど、やっぱりリングがあると落ち着くw。最近はフラットなリングサイドよりも、南側のヒナ段前側の出来るだけリング正面を選んでいる。リング周辺が狭いから場外で何をやってるかがわからないってこともないので、よっぽどリングに近くなければこっちの方が見やすい。

それにしても…試合に慣れてきて上へ上へと目指すのはいいのだがね、新人達。序盤戦のリング周辺のセコンド業務を疎かにしていいのかい? 紙テープの片づけをリングアナやこれから試合する選手が片付けるのもどうかと思うのに、カメラマンまで手伝ってるのはどうだろう。セコンドに選手がついたのは第四試合にデビアスJr.のセコンドに出てきた『ジュニアタッグ王者』のマルビンからですよ。ダメでしょこれ。

平柳。ダメだね。思い切りもなければ懸命さも見えない。試合後に余力を残してる余裕あんのか。森嶋が久々に帰ってきたけど、やっぱり必要ですよこの存在感。良成とテリーはベルトの絡みで乱闘はわかるんだけど、そこにKENTAが絡んできた。良成が引っぺがしてKENTAと決着戦かな? KAZMAはK-DOJOのノリだけで参戦するなら続きは無いな。ディーロ&ブキャナンは良い素材なのは承知してるので、継続を期待したい。まだ全日本の頃の勢いは出てない。

2007/05/01

今はガードを固める時?

070428

4・28ノア@武道館。…正直厳しかったかな。最初から用意されていたかのような一階席の一部を埋める暗幕が示すように、三沢対佐野ではインパクトが弱かったか。試合内容で覆してくれればまだしも、佐野の攻めは対小橋とのGHC戦以上のものは見せられなかった。

セミでは杉浦の奮闘が光った。興行全体でもMVP。それでも試合の中ほどまでは試合が動かず、メインが期待薄の中でどうなるんだろうとヤキモキしていた。後半から杉浦を中心に大いに盛り上がったので帳消しになったけれども。

丸藤とCIMAの遭遇は、ここからがスタートという表現がぴったりな感じで。じっくり煮込んで、極上のシングル戦を見せてくれるのはいつになるのか。テリー対高岩@GHCジュニアは語ることもあまり無く。テリーが最初に膝を痛めたように見えたので、それが少なからず試合に影響した…と思いたい。技にミスが多すぎた。

成長著しい森嶋ガウ青木がいなかったということもあって見どころが少なかったのは事実だけど、満足感も腹八分目。次期シリーズからはGHCタッグ(とジュニア?)を狙ってTAKAみちのく率いるRO&Dも来襲するけど、今はまだガードを固めて成長を待つ時期か。

2007/04/08

DDTとNOAHと

070401

エイプリルフールの後楽園ホールは、DDTとノアが昼夜に興行を行う。しかもDDTにはノアから丸藤が参戦、ゲイレスラー男色ディーノとの超移植タッグが組まれてしまうということで、初の1日2団体観戦ということになりましたとさ。

DDTは初観戦。エンターテイメントを前面に押し出すスタイルで、試合事に北スタンドの座席を潰して設置したスクリーンで試合の前フリをビデオで流してくれる。興行の開始前にはちゃんと応援の仕方まで教えてくれる。プロレス初心者を少しでも楽しませてリピートしてもらおうという努力は買いたい。

試合は全6試合。参戦選手数に比べたらVTR演出に時間を割く分少なめ。ネタ試合4:シリアス試合2という配分も"らしい"。試合の方もローションで相手の攻撃を滑らせて勝つという時事ネタあり、脚立相手に擬似プロレスやったり。脚立に雪崩式ブレーンバスターを返されたり、脚立にスワントーンボムを食らわせたり(写真上段)、大いに楽しませていただいた。

その代わりにシリアス編は物足りなかったかな。光るところはあれども、あの試合をノアの中に組み込んでも埋没してしまうだろう。『デキル子』のMIKAMI(脚立にスワントーンやった選手ね)が遊んでたり、もっとやろうと思えば出来るところでアクセル八分目で走っている感じ。丸藤を呼ばなくても後楽園程度は満員にできるでしょう。率先して行くかは微妙だけど、また見てもいいと思わせてくれる内容でした。

んでもって我等が丸藤登場の試合は、丸藤が必要以上にノリノリにならないことで、かえってコントラストが際立って面白かった。DDTファンからは「空気読めー!」とか言われてたけど、仮にも元GHCヘビー王者がそこまでノリノリにディーノとは戯れられんでしょうよw。それなりに楽しんでたようには見えたけどね。写真の下段はノアでもやってるハイジャンプアタック(仮称)。ディーノと松井レフェリーの驚き顔に注目。

さて夜の部のノア。目玉はGHCヘビータッグの選手権試合。武道館大会に森嶋の海外遠征がカブってしまうのでこりゃあベルト取られちゃうかなというのは予想してたけど、試合として十二分に面白かったので良し。新王者は秋山&力皇…こいつはズルいタッグだ。武道館で高山(&耕平?)、彰俊&KENTAも挑戦をほのめかしているし、田上&雅央も動き出した。ようやくタッグ戦線が活気付いてきたのは嬉しい限り。

それにしても、ヨネは前回武道館の秋山戦を契機に一皮向けたかな。変にモタモタしてたのが無くなって、とても頼もしく見えた。ぜひともこの調子でこれからもお願いします。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31