無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

2008/02/10

【新潟=タレかつ丼】 ←結論

N

2007年12月9~10日にかけて、新潟に行ってきたんですよ。

本当は10日のDDT新潟大会にノアから鈴木鼓太郎&"超大物X "が参戦するってことで、それ目当てだったんだけど、その為だけに高い旅費を払うのもアレだからと食い倒れツアーにしてしまったのが全ての始まり。9日の昼・夜・深夜w、10日の昼・夜の5食で新潟の旨いモノをいろいろ食ってくるつもりで、入念に調べていったわけです。

到着してすぐ、新潟駅の駅ビル内のそば屋『長岡小嶋屋』さんで名物「へぎそば」をいただく。つるつるしこしこでウッーウッーウマウマ(゚∀゚)。その後小雨が降る中を傘もささずにビッグスワンまで徒歩で往復したりして時間を潰しw、『とんかつ政ちゃんhttp://www.masachan.co.jp/)』本店へ。測ってみたらビッグスワンから政ちゃん本店まで結構な距離歩いてる。

そして食ったのが写真の『特製ひれカツ丼』。中身で持ち上げられて乗ってるだけのフタをどかしてみると、アツアツのご飯に揚げたてカツ3枚、上から醤油タレ。ちょっと食い進めると(°Д°)あらやだ、中にも2枚!! これはもう何と表現していいか、全てが旨い! 結構な量だったのに一気にたいらげてしまった。

そして計画変更。まだ寿司とか食ってないけど、全てを吹っ飛ばして明日もタレかつ丼を食う。そして10日。新潟駅近くのドンキの中に、系列店の『かつ丼 政屋』へ行き「特製二段盛かつ丼」。やっぱりこれまた旨い。旨いしか書いてないけど旨いとしか言いようが無い。これだけの為に新潟に行くのも惜しくないほどに。

つか、絶対行くね。佐渡に行くついでにも絶対ルートに組む。必ずだ!w

あ、DDTを観戦しに行ったんだっけ。超大物Xは無難に三沢さん。超大穴で小橋があったらいいなと思ったけどやっぱり無かったよ(´・ω・`)。男色ディーノの試合にドン引きの表情だった一平ちゃんが、メインでディーノに脱がされてたっけw。せっかく三沢さんがノリノリなのに、DDT側が遠慮してたように見えたなぁ。どうせなら所属選手全員が乱入して片っ端からエルボーでなぎ倒される…くらいのことが欲しかったw。

2007/09/23

ぷち☆きた(四万温泉7回目)

Puchikita

1回目(『たむら』日帰り)、2回目(無料温泉巡り日帰り)、3回目(『柏屋』2泊、『中生館』1泊)、4回目(『積善館山荘』2泊)、5回目(『山ばと』1泊)、去年11月の6回目(やまぐち館露天&奥四万モンキーパークw)に続いての7回目。今年初ですよ。

9/15~16に会社のシステムメンテのおかげで休日出勤もしなくていいっつーことで、急遽四万に行くことに。誰もいかないだろうなぁと思いつつ周りを誘ってみたら、かぷでの長距離ドライブがてらに隊長が参加してくれることになった。日帰りでもいいかと思ったけど、長距離ドライブで日帰りはイヤというのでお泊りに。気分で急遽どっかに泊まってもいいかと思ってたので、背中を押してくれた感じ。

四万最寄のJR中之条駅で拾ってもらう手筈だったのだが、三連休の渋滞にハマって遅れるというのでバスで一足お先に四万へ。狭いとこだし合流は何とかなるかぁと気楽に構えていたら、ホントに何とかなったw。温泉街近くの駐車場付近を歩いていたら派手なエアロパーツ付きのちっちゃいかぶ。目立つなーw。

Kapu

何も食ってないという隊長と蕎麦をすすり、まずは宿を確保に動く。何せ三連休の初日に飛び込みで押えようというのだからどうなることかと思ったが、何とかなりましたw。宿は『日向見荘』。健康センターと健康ランドを足して2で割ったような、四万では珍しい宿泊施設。大きな宿だけに空きがあることは出発前に確認しておいたのだが、ホントに泊まれてよかった。

宿は風呂トイレ共同なれど、トイレは部屋から近かったし温泉は大人数対応でやたら広かったので無問題。食事も夕食朝食ともに十分なモノが出てきて満足。これで¥10000なら上等じゃないでしょか。立ち寄り風呂だけでもまた来てもいいと思わせてくれる、良い宿でございましたわ。

奥四万湖が水位が低くて緑がかっていたり、滝に至る山道が今年あった熊騒動のおかげで閉鎖されていたりが残念だったなぁ。滝はいつかまた見れるんだろうか。帰りは再び水澤うどんをいただいてから、対広島戦を観戦するために一路東京ドームへ。

結果としては野間口が久々の先発で好投して見事に勝利したわけだが…正直9月に入ってからのセ・リーグの状況は片手間では語れない。この日の勝利で広島三タテして乗り込んだ甲子園で返り討ちにあって、優勝が風前の灯になっていたが、今日(23日)の時点で再び首位。残り試合もわずかだというのに、どこが優勝するのか全く予想もできない状況。

明日(24日)からは中日との最後の首位決戦。この日の広島戦が最後と思っていたが、急遽24日だけドームで応援することに。現地で見届けるだけの、価値はある!

2007/05/09

Fake North Journy 2007

2007fnj

去年と同じく5/3~5は旅行に行ってきました。群馬県倉渕村転じて群馬県高崎市倉渕町のはまゆう山荘を拠点に、温泉やら観光やら。流石に新鮮味は無いなw。むしろ帰ってきた、という感じ。

渋滞が懸念されたけど、今年は割りとスムーズなドライブで現地到着。初日は去年好評だったバギーと、宿に帰って恒例のバーベキュー(写真左上)。二日目は日中は『碓氷峠鉄道文化むら』(写真右上)を巡り、帰ってからはこれまた一年ぶりの透明牌麻雀『鷲巣麻雀』で"ざわざわ"(写真左下)。透明牌を相手側に向けることで、牌が見えにくかった欠点を解消w。三日目は去年とは別の『水澤亭』で水澤うどん(写真右下)。なんと食べ放題。3皿しか食べられなかったのがもったいないくらい美味しかった。

仲間内の旅行は毎回楽しいんだけど、「同じく」みたいな単語が並ぶ通り、去年も書いたけど正直ネタ切れの感が否めない。宿はいいとこだしバギーも楽しみだけど、それだけで「じゃあ来年も」となると厳しいなぁ。『偽北(ニセキタ)』を卒業して『真北(マジキタ)』にするかという声も出てるけど、打開策は今から考えておかないと。

2006/11/25

四万温泉 6回目

1回目(『たむら』日帰り)、2回目(無料温泉巡り日帰り)、3回目(『柏屋』2泊、『中生館』1泊)、4回目(『積善館山荘』2泊)、5回目(『山ばと』1泊)に続いての6回目。

23日、休日出勤が無くなって、ぽっかりと空いた祝日。昼まで寝ててもいいくらいなのに、目覚ましを切っておくのを忘れていて、会社に行くのと同じ時間に目が覚めてしまった。どうせ早起きしてしまったのなら何かしなくては…というわけで、思いつきで日帰り温泉旅行となりました。

「おきなや」さんで足湯をいただきつつ白玉あんみつ⇒「やまぐち館」で日帰り温泉⇒奥四万湖散策というルートで滞在5時間。モニターの前を離れて自然の中に身を置くのは、いいリフレッシュになりますな。ちょっと元気をもらってきました。

やまぐち館は高くて泊まったこともなかったので初潜入。噂どおりの騒々しいw内観。肝心の温泉は内湯と温め熱め二種類の屋根付露天。施設も泉質も良い感じだったけど、¥1500はどうだろう。『たむら』と比べてしまうと、頑張っても¥1000くらいが妥当な感じ。

奥四万湖周辺は、発情期の猿が大挙して降りてきていて、モンキーパーク状態w。人に慣れてる感じはさすがに無いけど、結構近くで見れましたよ。急遽決まった話だったのでデジカメを持参できずに携帯もバッテリー無くて写真が撮れなかったのが残念で仕方ない。寒かったけど、楽しかったな。

2006/09/13

虹紫ニジムの暴走

初日の夜は花火。もっとも式根島で消化しそこねた打ち上げ花火だけのため、数は少ない。

セッティングして、火をつけてからカメラを構えていたら間に合わないと思ったので、動画撮影をセットして花火のそばに置いてか火をつけていた。風が強い中、必死にチャッカマンをカチカチやっていると…

にじむー「これ撮ってんの?(  ・ω・)つ[カメラ]」

俺「だから触るなよONにしてんだからバカーっ!(#゚Д゚)」

それからしばらくは大人しかったにじむー。風上の波打ち際で風を防いでくれていたのはいいのだが、最後の最後で着火直後に花火から離れる時に思い切り海に向かってダッシュしてしまい…。

にじむー「あー、冷て冷て冷て冷て冷て冷てっ!」

最後の『闇の封印』が綺麗にパーンっと花開いたあと

にじむー「それはいいけど靴びしょぬれだよ俺っ!(つД`)」

最後まで持っていきっぱなしw。

虹紫ニジムの憂鬱

金曜の夜、待ち合わせた横須賀中央駅。待ち合わせのホストたるにじむー自ら携帯のバッテリーを使い切ってしまっているという暴挙に。運良く即会えたものの、てつおが来ない。

あまりに長い待ち時間に、にじむーが暇つぶしのために携帯のバッテリーを買いに行くというので、喉も渇いていたのでついていく。ダイエットコークを先に買ってコンビニの外で飲んでいると、にじむーが買い物を終えて出てきた。パッケージをむいて携帯に挿して…挿さらない…おや? にじむーがコンビニに戻っていくぞ?

にじむー「バイト君バイト君、バッテリーを交換してくれないかい?」

バイト君「もうパッケージあけちゃったでしょ」

にじむー「( ´・ω・`)ニョローン」

第二次サマバケ大戦

9/2(土)~3(日)に、過ぎ行く夏を惜しむがごとく、例年とおりの伊豆の仲木のヒリゾ浜に行ってきましたよ。

綺麗な海と多くの魚で愉しませてくれるはずの海が…今年は迫り来る台風のせいなのか高波でとんでもなく荒れていて、波打ち際でフィンをはくのも一苦労。何とか海に出ても波のせいで海がかき回されてしまって視界不良。ヘタレシュノーケリストな俺には厳しい環境でしたわ。

土曜日は超睡眠不足による車酔い+荒波にもまれてダウン、日曜は日曜で状況は改善されず、早々に上がってしまいましたわ。デジカメでもロクな写真が撮れませんでしたわ。

Tsukinoko

しかし、今回の旅行の主役は、何といっても宿の食事!! 上が夜食、下が朝食。何だこの豪華さは!

海で(´・ω・`)ショボーンだった気分もすっかり晴れてしまいましたさ。ビバ『月の子』。

2006/09/04

恋のにじむー伝説 Episode00

ミンミンミラクル♪ にーじむんむん♪(ぉ イベント時間軸とエピソード番号は関連ありません

時は行きの車中。BGMはにじむー所有の過去のサマバケCD、かかるは名曲『特捜戦隊デカレンジャー』。

知ってる皆で思わず熱唱。ドライバーであるにじむーもノリノリで歌う。

---------------------------------------------------------------------------------

全員「ワン! エマージェンシー!(´∀` )」

---------------------------------------------------------------------------------

全員「ツー! デカレンジャー!(´∀` )」

---------------------------------------------------------------------------------

にじむー「フォー! アクション!(´∀` )」

他の皆「スリ…!?Σ(゚Д゚,,).。oO(あれ…おかしいな…俺間違って…ないよな)」

---------------------------------------------------------------------------------

にじむー「ファイブ! パーフェク!(´∀` )」

他の皆「ちょwwwおまwww次シックスwww」

---------------------------------------------------------------------------------

思い出してしまってカラオケできっともう歌えませんw

2006/08/15

四万温泉 5回目

1回目(『たむら』日帰り)、2回目(無料温泉巡り日帰り)、3回目(『柏屋』2泊、『中生館』1泊)、4回目(『積善館山荘』2泊)に続いての、5回目。今回は『山ばと』1泊。奮発しましたぞー(謎。今回の目的は、数少ない(?)観光名所のうち唯一まだ見てなかった『小倉の滝』を見ること。場所が離れているから、他のところに行くのと同時に攻略できず、ここに行く日を設けないと行けなかったのだ。

サマバケから帰ってくると関東では梅雨明けしていて、この日はもう圧力すら感じるような日差し。しかも前夜に雨が降ったらしく、炎天下に水蒸気、しかも土が湿っているという山歩きには最悪のコンディション。しかしメゲてる場合じゃないと必死に歩くと、思いのほか早く着いてしまう。やたら登った気はするが、『摩耶の滝』よりも山道だけならもしかしたら近いかも。

Ogura

着いたけど…正直寂しい光景('A`)。綺麗なんだけど正面から見れるわけじゃない上に『摩耶の滝』にはあった休憩所のようなものも無く、ただの滝近くの山道の行き止まり。座り込むこともできやしない。まぁ制覇したということだけでも良しかな。今度は『摩耶の滝』をおかわりしてみよう。

泊まった『山ばと』さんは、奮発(謎)しただけあってとても良い宿でしたわ。設備も新しく部屋も綺麗。食事も満点。露天も内湯もちょっと狭かったけど、泉質は四万温泉の優しい湯そのもの。今まで泊まった中では一番良かったかも。旅館の廊下が畳なんてとこ、初めてですよ。また行ってみたい宿が増えましたわ。

2006サマバケ

ライジング・サマーバケーション2006 in 式根島。予告通り、行ってきました(ちょっと)南の島。まさかまさかの梅雨明けのズレ込みで、天気が心配されるなかの出発となりましたが、着いてみてびっくりの晴天。いきなり痛いくらいの日差しが迎えてくれましたよ。

Shikine_1 

宿周辺は蚊が異様に多かった。半分は宿のバケツの中の水で養殖しているようなものだったが_| ̄|○。初日に海の道具を干している間に刺されまくって、夕食までの間の散策も上の空になってしまうほどの痒みに襲われて、急遽虫除けスプレーと痒み止めを買うハメになった。

ただ流石に日照が少なくて、海水が冷たくて吹き抜ける風が涼しいw。日差しに焼けた腕には気持ちいいんだけど、長時間つかってると凍えてしまうくらい。海水は冷たいけど、澄んでいて綺麗。魚は必死に探さないといないくらいだったけど、海水の透明度でいったら今までで最高じゃないかしらん。

Shikine2

二日目は凍えながらも泳ぎっぱなし。夜には花火。気合を入れて打ち上げ花火を持参したものの、島では打ち上げ花火が禁止だそうで、持ってった半分が無駄に_| ̄|○。それでも手持ちで遊べる花火だけでも…と思ったのだが今度は風が強すぎて火をつけるのも大変。最初についた花火から火花を絶やさぬように一気に使い切るという暴挙にw。

三日目は船と宿の都合で海には入らず、島の名所を一巡り。アップダウンは激しいけど、自転車でなら軽く一周できてしまう程度の大きさしかないのだ。無料温泉を回って足だけ入ったり、海岸で『スイカ 斬 り(謎)』をしたりするうちにタイムアップ。疲れた身体でジェット船で寝て過ごしつつ平日の東京に帰還。会社帰りの人波にもまれながら帰宅。

梅雨明け2週間くらいだったら、もうちょっと違ったんだろうな。海水の温度がもう少し上がった頃合に、再度行ってみたい。今度は蚊の対策を万全にしていくさ!w

より以前の記事一覧

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31