無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

2007/03/04

プロボクシング日本フェザー級タイトルマッチ

リアルなボクシングに触れる機会なんて、たまたまテレビでやってる時くらいだった。一連の亀田関連の試合も試合は実は観たことがない。だから国外選手を使った無闇な成り上がり商法と一連の言動がイヤなだけで、連中の試合内容については何も知らなかったりする。

プロレスのために観るG+で、夜中に時々やってるボクシングの番組で、絶えず話題になっている選手がいた。史上初高校6冠、粟生隆寛。一度だけG+で試合を見たことがあった。外国の野獣のような烈しいラフファイターを、クレバーな試合運びで判定勝ちしていた。けして派手さは無いけれど、圧倒的な巧さは拳闘素人な俺にも伝わってくるくらいだ。

そんな粟生が、世界への足がかりに日本タイトルに挑戦。王者は梅津宏治。30歳にしてベルトを手にした遅咲きの王者…なのだそうだ。正直知らなかった。ただ、この試合の前でニュースになった事柄で初めて顔を見た。話題の一戦の前の話題作りなのかホントなのかはわからないが…この選手、ガノタであるw。

試合の入場時、『翔べ! ガンダム』 と『哀戦士』の合体曲が流れ、ドムのモノアイが記されたガウンを着て、ドムカラーのシューズを履き、リングインの前に「ジークジオン!」コールを観客が煽る。何だコレw。粟生も粟生で、この一戦を世界へのステップとしか考えておらず、気にせず一緒に観客を煽る。ノアでも久しく見ていない超満員の後楽園ホールが試合前から"出来上がっていた"。

試合も白熱した。徹底してインファイトを貫いて何とか粟生の懐に潜りこもうとする梅津、多少の被弾はあっても致命傷だけは食らわずにアウトボクシングで応戦する粟生。勢いに任せ突進する王者、いなしつつ的確にパンチを返していく挑戦者。全く違うスタイルが噛み合って、10ラウンドの長丁場がずっと盛り上がり続けた。

結果は、粟生の判定勝ちによるタイトル奪取。ドムは見事に"帝拳の白い悪魔"に踏み台にされ、ようやく手にしたベルトを一度も防衛せずに手放すことになった。ジェットストリームアタックを避けきったガンダムのごとく、最後まで強烈な一発を食らうことなく試合を終えた粟生の巧さが光ったが、梅津もデビューからダウンしたことがないというタフネスさを存分に発揮した。

飛び込んでの連打が入っていればというところだけど、それをさせなかった粟生を誉めるべきなのか。何はともあれ、全くもって良い試合でしたさ。粟生の試合は、できるだけ追いかけてみたいね。

2006/12/20

肉とボウリングと私

咳が続く中でも週末はやってくる、というわけで17日はいつかの『牢獄ステーキハウス Mr.danger』に行くついでに(あくまで肉が主役にならないと行けない立地w)ボウリングなんぞをやってきました。ちょお久々。

夕方にステーキ屋に移動することも鑑みて選んだボウリング場は、『はなやしき』のすぐ側という立地にある『楽天地浅草ボウル』。前日の夕飯を早めに食べて当日の朝食を食ってなかったので投げながら何かつまもうと思っていたら、飲み物はあったものの菓子の類すら売ってなかったw。

ちょお久々の割にはスコアは文句言っちゃいかんくらい好調だった。

1ゲーム目(12:35~13:00):いきなりのストライクから8フレまで連続スペアで162。

2ゲーム目(13:01~13:25):途中単発ストライクが出るも制球乱れ115。

3ゲーム目(13:32~13:55):多少復調するもヘッドピンに絡まず125。

4ゲーム目(14:00~14:23):2フレから9フレまでスペアとストライクが連続で169。

5ゲーム目(14:25~14:42):ダブル+何年ぶりかのターキーが飛び出て173。

野郎2人で2時間で5ゲームという、これまたちょおハイスパートボウリングでありました。翌日ケツの筋肉とか普段使ってないとこが痛くなったりしたけど、たまにやると(・∀・)イイ!!

その後浅草をブラつきそのまま秋葉原まで徒歩移動、ちょい買い物してステーキ。相変わらず反則的な肉の柔らかさで完全KOされてきました。立地が悪くて逆に良かった。行きやすかったら何度でも通ってしまいそうなほどである。急遽決まったことなのに、前回行った面子9人が今回また揃ってしまったことも当然と言えるだろうw。

2006/03/22

ワールドベースボールクラシック決勝!!

その日のうちに書くと良かった嬉しいしか書かなそうだったのでw、あえて翌日に書いてみます。

相手投手の乱調によるチャンスを逃さなかった素晴しい先制点だったけど…もしも、もしも1回表に得点できていなくて、相手の1回裏に先頭打者HRで先制されていたとしたら。もっともっと苦戦していたと思うのですよ。それほどまでにキューバは強かった。そんなチームに勝ったという結果が残せたことが、この上なく嬉しい。

失うものが何も無い状態からの復活、因縁の相手へのリベンジ、強敵からの勝利。終ってみればマンガのようなハッピーエンド。第二回大会以降、サッカーにとってのワールドカップのように、各国のリーグ戦の上位に来るような大会まで成長しうる可能性は十分にある。育てていってほしい。

2006/03/21

ワールドベースボールクラシック準決勝

日本対韓国。2度負けている相手。あのイチローが感情を剥き出しにするくらいの屈辱的行為。進めないと思っていたらギリギリ進めた戦い。まさしく『事実は小説より奇なり』すぎる展開。ここまで出来上がったシチュエーションなんて、作ろうとして作れるもんじゃない。

序盤の大飛球がHRにならなかったことで、こりゃ長打での得点は無理だなと思い込んでしまった。決まっても1-0での勝敗じゃないかと…。重苦しい展開の中で、全ての鬱憤を吐き出すかのようなホームラン。連打連打、駄目押し。そしてそこまで相手を封じ込めた魂のピッチング。終ってみれば完勝。

これ以上負けられないところで、こんな試合になるなんて。決勝の結果はともかく、第一回大会で大きな足跡を残せたのは大きいね。キューバは強いが、今の日本なら十分勝てる!

2006/02/21

冬季五輪トリノ2006

正直なところ、冬季五輪はあまり熱心には見ていなかった。自分で冬スポーツにハマった経験もなく、今もスキーに行くような習慣もなし。結局のところ、あまり身近に感じられないのだろう。後から原田失格のニュースを見て「情けねーな( ´,_ゝ`)プッ」くらいなもん…のはずだった。

ただ今回「ちょっと面白いかも、これ」と思った競技がある。その戦略性やら細かいテクニックやらを、たまたまつけっぱなしになっていたNHK BS1の実況で解説してもらいつつ見ているうちに、起きている時間にやっていたら必ず見るようになっていた。どちらかといえば『氷上おはじき』というより『対戦ボウリング』という感じか。そう、カーリングなのですよ。

今朝起きてニュースサイトで、女子チームの予選敗退を知る。面白さに目覚めさせてくれてありがとう、お疲れ様でした。自分でやろうとは流石に思わんけどw、これからは気にして見るようにしますともさ。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31