無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« GIANTS PRIDE | トップページ | 全ては、小橋建太のために。 »

2007/11/03

"夢の続き"はまた来年

クライマックス・シリーズが目前に迫る。相手は竜か虎か。終盤の勢いを忘れていないか。巨人の誇りは燃えているか。リーグは制しても戦いは終わらない。今こそプライドを胸に、完全制覇を我らに。

-------------------------

前回の記事の最後をこう締めくくった。『喝采』を観劇したあとで新宿で徹夜してチケットをゲットして、JFKが機能しなくなっていた阪神相手に難無く勝ち抜いてきた中日とのクライマックスシリーズを迎えた。

…何だコレ('A`)

『GIANTS PRIDE』どころの騒ぎじゃないよ。逃げの配球で打たれちゃいけないウッズや谷繁に打たれ、しちゃいけないミスをして、悪夢の三連敗で敗退。リーグ優勝チームが日本シリーズに出られないのは初なんだそうだ('A`)。確かに試合の間隔は空いた。でも、勝敗はともかく、最後までプレーに「絶対に勝つんだ」っていう烈火の気合を感じさせてくれなかったことに関しては『そんなの関係ねぇ!』のですよ。挑戦者として臨むと意気込む指揮官の言葉とは裏腹に、ペナント終盤の勢いは最後まで戻らなかった。

徹夜ゲットなチケットを握り締めて観戦したCS第二ステージ第三戦。これで負けたら全てが終わるという試合。投手戦の中で、二岡のバックスクリーンへのソロで先制。これは勇気をくれる一発!…と思ったらウッズに逆転3ラン。すぐに小笠原のタイムリーで1点差に追いつくも、谷繁のソロで突き放される。そして最後の9回裏。先頭の南海を知る漢・大道がこの重要な場面でも守護神岩瀬から執念のレフト前ヒットでノーアウト1塁。代走は古城。ラストチャンスに観客席も沸きに沸く。次の打者8番ホリンズは小技は期待できないが、凡打で進塁できなくても次の9番は器用な木村拓。たかが2点差、1番バッターまで回ってくれれば…!

しかし、夢は儚い。ホリンズが打ち上げたレフトフライにランナー古城が何故か飛び出して一気に2アウトランナー無しになって、スタジアム全体のテンションが瞬時に氷河期に。思わず前の座席にまで倒れこんで、突っ伏して呪いの言葉を吐いてしまうorz。そして凍てつくスタジアムの中、木村拓はあっさりと三振に倒れた。今年のジャイアンツの戦いが終わった瞬間だった。

そして中日はCS5連勝の勢いのまま、日本シリーズでも4勝1敗でも勝利。10試合で9勝では文句のつけようもなく、中日の優勝についてとやかく言うつもりは全く無い。全く無いのだけれど。…あぁ、これは勝って言いたかったな。何を言っても負け惜しみになってしまうじゃないか。でも言う。

クライマックスシリーズなんていらねぇよウワァァヽ(`Д´)ノァァァン!!

« GIANTS PRIDE | トップページ | 全ては、小橋建太のために。 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/16960843

この記事へのトラックバック一覧です: "夢の続き"はまた来年:

« GIANTS PRIDE | トップページ | 全ては、小橋建太のために。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31