無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« KOYA-MAP Vol.2 『喝采』 | トップページ | "夢の続き"はまた来年 »

2007/10/12

GIANTS PRIDE

2007

めっさ遅くなりましたが。ジャイアンツ、セ・リーグ優勝しました!  めでたい!。・゚・(ノ∀`)・゚・。 いやーもう、交流戦を無事に通過してオールスター前に大コケした時は、どうなることかと思いましたけどもね。オールスター休みが有効に働いて調子が上向いて、途中で6連勝して6連敗したりなんてこともあったけど、これなら何とかなるかと期待してました。ところがそこに伏兵が横槍を入れてきた。一時期絶不調で優勝戦線から遠ざかっていたはずの阪神が、怒涛の連勝で一気に首位戦線に食い込んできやがった。

9月頭の中日阪神6連戦。対中日に何とか勝ちこしたものの、阪神には全て1点差の3連敗。続くヤクルト3連戦でも負け越して、チームの命運は絶たれたかに思われた。そして迎えた広島3連戦の初戦、9月14日。序盤に内海が崩れ最大6点差まで広がった試合を、9裏に一気に5点を奪って同点に追いついてのサヨナラ勝ち。同点打が三番手以下の捕手だったはずの加藤健ということもあって、残り13試合のラストスパートに向けてチームが加速し始めた。この日の時点で巨竜虎が0.5ゲーム以内の大混戦。

しかし、怒涛の10連勝のツケが回ってきたかJFKが打ち込まれ、阪神が連敗で大失速。巨人と中日が大きな失速もないまま競り続けて迎えた、本当に最後の天王山。9月24日~26日の3連戦。俺が観戦したorz初戦を木佐貫の乱丁で落とし、中日にM7がついに点灯。2戦目を内海の11奪三振の力投で奪い返し、迎えた正念場の3戦目。初回に高橋尚が自らのミスから奪われた4点を打線がコツコツと早いうちに一点差まで返して、5回に完全復調した主砲スン様のソロで同点、6回には伏兵脇谷の2ランで勝ち越し、8回にはヨシノブの2ランでダメ押し。マジックこそ消せなかったが、これで大きく優勝に近づいた。

残り試合を全て勝って初めて優勝の中日だったが、流石に息切れしてついに巨人に逆M2が点灯。試合の無い間にM1となって迎えたヤクルト戦、10月2日。この日も先発内海が3点取られてからも流れを話さず、1点差で9回の矢野と清水の執念のヘッスラ内野安打が生み出したサヨナラエラーでの優勝決定。オールスター前の苦闘がウソのように投打が噛み合い、気がつけば9月14日の大逆転勝利から10勝3敗。竜虎の勢いに負けなかったことが結果につながった。

個人的なMVPは上原。ポトリポトリとヒットこそ打たれるものの、要所をきっちり締められる制球力は流石。豊田や林がしっかりしていたら勝負どころの秋には先発として帰ってこれたろうし、本人もそれを望んでいただろうけれど、よく我慢してくれた。上原の献身が無かったら、今年の優勝は無かった。

谷・小笠原のFAコンビが加わったことで、一発もありつつ連打も狙えるブ厚い打線になったことも大きい。1番に抜擢されたヨシノブがチーム最多の35本のホームランを打った他、小笠原・慎之介・スンも30本到達。得点・ホームラン・チーム打率で他球団を大きく引き離せた。

ラストスパートにスンヨプの復活が間に合ったのも、最後の競り合いには大きかった。9月23日横浜戦。3番小笠原を敬遠して、それまでしばらく当たってなかったスンヨプに勝負を挑まれた。ここで走者一掃のタイムリー3塁打を放ったことで、打席でのオーラが戻った。そこからの決戦の日には必ずスンヨプのバットが火を噴いた。四番の一振りはチームを勢いづけ、勝利を呼び込んだ。

クライマックス・シリーズが目前に迫る。相手は竜か虎か。終盤の勢いを忘れていないか。巨人の誇りは燃えているか。リーグは制しても戦いは終わらない。今こそプライドを胸に、完全制覇を我らに。

http://www.nicovideo.jp/search/NNN24 ←優勝決定までの色々をニコ動にうpってましたw。

« KOYA-MAP Vol.2 『喝采』 | トップページ | "夢の続き"はまた来年 »

プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/16741509

この記事へのトラックバック一覧です: GIANTS PRIDE:

« KOYA-MAP Vol.2 『喝采』 | トップページ | "夢の続き"はまた来年 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31