無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« 選挙の日 投票行って プロ野球 | トップページ | 小橋建太 対 サモア・ジョー @NY »

2007/08/04

アジア杯総括、もしくはオシムジャパンの一年

そろそろ気分が落ち着いてきたので、アジア杯サッカーの感想など書いてみる。

引きこもる相手に攻めあぐねた挙句、終了間際にFKから同点に追いつかれて1-1に終わったカタール戦。

必勝を期して挑み前半だけで3-0にしたものの、後半10人になった相手に速攻から失点したUAE戦。

完全アウェイの中でオウンゴールで先制されても慌てず、力強く加点して4-1で快勝できたベトナム戦。

失点した直後に取り返したが、10人になって相手が引き始めると決めきれずPK勝利のオーストラリア戦。

常に後手に回る展開で、最後は速攻からドリブルを防ぎきれず2-3で敗退したサウジアラビア戦。

序盤から攻め手を欠き、10人になっても数的有利を生かせないボール回しでPK敗退の韓国戦。

カタール戦こそ攻めあぐね感はあったが、UAE戦、ベトナム戦とチームの勢いは増していった。オーストラリア戦でチームの目指す攻撃の形は結実した。効果的なパスワークで相手の守備を切り崩し、幾度と無くチャンスを作っていた。ただ、ただ、ゴールを奪えなかった。それでも、この良い形が続けていけたら、アジア杯3連覇の可能性は十二分にあった…はずだった。

日程的に有利だったはずのサウジ相手に走り負け、韓国に気迫負け。相手の守備をあれほど切り裂いたパスワークは人の動きが止まることで切れ味を無くし、逆にパスミスを奪われサイドチェンジを読まれ逆襲を食らった。守備にリスクを抱えて人数を攻撃に割いているのに、多い人数で後ろでパスを回し、それを奪われる悪循環。『連動性』というのは『逃げのパス回し』のことじゃなく『攻めのパスワーク』だというのに。

アジア杯4位という結果をもって「オシム監督じゃダメだ」とは思わない。誰かが責任を取るべきだという声がいろんなところから出ているが、今はジーコ前監督が放置して荒れ放題になった日本サッカーという大地を再び耕し始めたばかり。奇跡的に結果を出していたジーコ時代だが、監督時代は何もしちゃいなかった。一年を費やしたオシム監督が示す『サッカーの日本化』の息吹は確かに感じられた。結果こそついてこなかったが、オーストラリア戦というこれからの日本サッカーの指針となるべき試合ができたじゃないか。

あとは選手が入れ替わってもあのレベルを維持し、ゴールを奪うこと…そう、点を獲らなければ試合には勝てない。シュートの決定力欠如はもう日本サッカー界全体のテーマ。相手が引きこもると何もできなくなり、上手く崩せてもシュートまで行けず、シュートが打てても枠に飛ばない。無理矢理なミドルはホームランになり、相手GKに冷や汗をかかせるようなものはほとんど見られなかった。ベトナム戦、オーストラリア戦では相手を何度も崩してチャンスを生み出せていたのだから、あとは最後の一押しなのだ。

次の日本代表の本番はもう年明けまで無い。親善試合もそれまで数回あるのみだ。あとは、アジア杯に出た、テレビで見た選手達が所属チームで自らを磨いていくしかない。例えそれまでにオシム監督が更迭されたとしても、目指すサッカーは変わらないはずだから。

« 選挙の日 投票行って プロ野球 | トップページ | 小橋建太 対 サモア・ジョー @NY »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/16007216

この記事へのトラックバック一覧です: アジア杯総括、もしくはオシムジャパンの一年:

« 選挙の日 投票行って プロ野球 | トップページ | 小橋建太 対 サモア・ジョー @NY »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31