無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« 上を向くこと、下を見ないこと | トップページ | 熱血魔法バトルアクションアニメ »

2007/05/24

魔法少女リリカルなのはStrikerS

きっかけは、ネットでとある声優の曲がオリコン初登場2位登場、声優の曲としては新記録!みたいな記事を読んだことだった。チャットで友人に聞く。「その水樹奈々という声優は歌は上手いのかね?」 …今となっては何てことを聞いているんだという話なのだが、既にそっち方面のアンテナは広範囲には情報を集められなくなっていて、申し訳ないが全く知らなかったのだ。

その曲『ETERNAL BLAZE』を聴いてみる…ぅわ、何これ良すぎる。で、どのアニメの曲なん? へ? 『魔法少女リリカルなのはA's』? 何で魔法少女モノのOPがこんなカッコいい曲なのさ。絵柄も可愛い系だし、主人公9歳だし、どんな内容なのよ。と言うわけで本編も視聴。感想も何も数話見たらもうハマってた(早)。無印もA'sも何度見たかわからない。

『リリカル』lyr・i・cal ━━a.叙情詩調の;〔話〕熱のこもった; 大げさな.  

ええ、もうたっぷりと熱がこもっていましたともw。時として激しすぎる展開に『魔砲少女』やら『管理局の白い悪魔』やらネタにされがちだけど、幹として主人公・高町なのはが強く優しい不屈の心で物語を導く姿があり、戦闘のハードさはともかくとしてw唯一無二の魔法少女ストーリーとして2期26話を走り抜けた。MAD動画で、やたら燃える曲や激しい曲と合わされることが多い(しかも合っているw)のも特徴。

前書きが長くなったけど、そんなシリーズの最新作が『魔法少女リリカルなのはStrikerS』。一気に10年後に舞台を移した本作で19歳になっている主人公は、エースとして教導官として新人達を導く役割をも担いつつ、新たな事件に挑むことになる。その最新第8話が痛く哀しく怖い大展開でネット上を熱く賑わしている。7話までが導入にしては長く少々ダレてきたかなというタイミングだったので、ついに来たかという感じだ。

それまで優しい教官の顔しか見せなかったなのはが、指示無視を繰り返す新人に静かに哀しみを爆発させ、自らの魔法で新人を完膚なきまでに叩き潰したラスト3分は、長く語り草になるに違いない名場面となった。新人達が安全無事に任務を遂行できるようにと、持てる全てを新人達のために捧げてきた気持ちが伝わっていなかったことの哀しみが痛いほど感じられた。中の人GJである。なのはの過剰なほどの『教育的指導』には、前作からの間にあった『事件(事故?)』も影響を与えているらしいのだが…。

過去になのはを襲った『事件(事故?)』、新人達との関係、現在進行形で進む陰謀…2クールになった今回、まだ三分の二を残している。まだまだ怒涛の展開で楽しませてくれそうだ。

« 上を向くこと、下を見ないこと | トップページ | 熱血魔法バトルアクションアニメ »

アニメ・コミック・小説・特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/15190482

この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのはStrikerS:

« 上を向くこと、下を見ないこと | トップページ | 熱血魔法バトルアクションアニメ »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31