無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« ちょお久々 | トップページ | 人生はエンターテイメント!(後編) »

2007/05/17

人生はエンターテイメント!(前編)

Sakura_live

5/13は『サクラ大戦・武道館ライブ ~帝都・巴里・紐育~』に行って来ましたよ。『サクラ大戦』とはサターン版「1」の復刻限定版からの付き合いになるが、ゲームやOVA・テレビアニメ・映画と付き合ってきても舞台関連には今まで行ったことが無かった。それでも今回出かけたのは、歌メインの単発ライブであったことと、これまでのキャストの(ほぼ)全員が揃うことは今後もう無いだろうということ…帝国華撃団花組の参加する舞台もこれで見納めになるという予感があったからだ。

長年に渡って開催されていた『サクラ大戦歌謡ショウ』シリーズも10年の節目に去年で終了していた。巴里華撃団と紐育華撃団とでイベントは続いているが、今後は主役級のゲスト出演はあっても帝国華撃団のメンバーはもう揃うこともないだろう。横山智佐@真宮寺さくらさんこそイベントのラストで「次は『大帝国東京ドーム』でお会いしましょう!」と盛り上げていたが、メインキャストの一人である田中真弓@桐島カンナさんはパンフレットの中で「今回で最後」を明言していたり。DSで出るという完全新作RPG(?)での出番はあるのだろうか…。

そんな気持ちで開場を待つ武道館の周辺は、往年のサクラファンが集い賑わっていた。普段プロレスで年に何度も来ているが、それに勝るとも劣らない人だかり。事前情報ではチケットの売れ行きの鈍さが伝わっていたが、未だ根強い人気と底力を見た思いだ。コスプレで装うファンも多く(写真下方の人波の中に戦闘服姿アリ)、自然と気分は高揚してくる。

武道館に入り、アリーナの自分の席を確認…(後編の画像参照)…そして絶望を知るorz。アリーナ内で端になること自体は覚悟していたが、目の前の張り出し舞台が思いの他高く、一階席と同じくらい(3mくらい)ある。どういうことかというと、メイン舞台にも中央張り出し舞台からも遠い上に、前には壁がそびえ立っているということだ。アリーナ席はフラットなため、立たれてしまうと舞台への視界は絶望的。目の前の張り出し舞台にキャストが来てくれても、近すぎて見えやしない。何という八方塞。

しかし、そこでお久しぶりのサクラファンの友人と半年ぶりくらいに偶然に会い、奇跡が起きる。何とその友人のツレが二階席最前列のチケットが余らせていて、それを譲ってくれるというのだ。サクラの舞台自体が初めてということもあり、アリーナの端よりは高いところから見たいなぁと思い始めたところだったので、文字通り渡りに舟。お言葉に甘えて二階席へ。最前列ということもあり視界良好。舞台から多少遠くなったといっても、その分全体が見渡せる。まさしく望んでいた通りの場所に大満足。あとは開演を待つばかりだ。

【後編に続く】

« ちょお久々 | トップページ | 人生はエンターテイメント!(後編) »

サクラ大戦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/15099125

この記事へのトラックバック一覧です: 人生はエンターテイメント!(前編):

« ちょお久々 | トップページ | 人生はエンターテイメント!(後編) »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31