無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« 『涼宮ハルヒの分裂』読了 | トップページ | サクラ、サクラ。 »

2007/04/08

DDTとNOAHと

070401

エイプリルフールの後楽園ホールは、DDTとノアが昼夜に興行を行う。しかもDDTにはノアから丸藤が参戦、ゲイレスラー男色ディーノとの超移植タッグが組まれてしまうということで、初の1日2団体観戦ということになりましたとさ。

DDTは初観戦。エンターテイメントを前面に押し出すスタイルで、試合事に北スタンドの座席を潰して設置したスクリーンで試合の前フリをビデオで流してくれる。興行の開始前にはちゃんと応援の仕方まで教えてくれる。プロレス初心者を少しでも楽しませてリピートしてもらおうという努力は買いたい。

試合は全6試合。参戦選手数に比べたらVTR演出に時間を割く分少なめ。ネタ試合4:シリアス試合2という配分も"らしい"。試合の方もローションで相手の攻撃を滑らせて勝つという時事ネタあり、脚立相手に擬似プロレスやったり。脚立に雪崩式ブレーンバスターを返されたり、脚立にスワントーンボムを食らわせたり(写真上段)、大いに楽しませていただいた。

その代わりにシリアス編は物足りなかったかな。光るところはあれども、あの試合をノアの中に組み込んでも埋没してしまうだろう。『デキル子』のMIKAMI(脚立にスワントーンやった選手ね)が遊んでたり、もっとやろうと思えば出来るところでアクセル八分目で走っている感じ。丸藤を呼ばなくても後楽園程度は満員にできるでしょう。率先して行くかは微妙だけど、また見てもいいと思わせてくれる内容でした。

んでもって我等が丸藤登場の試合は、丸藤が必要以上にノリノリにならないことで、かえってコントラストが際立って面白かった。DDTファンからは「空気読めー!」とか言われてたけど、仮にも元GHCヘビー王者がそこまでノリノリにディーノとは戯れられんでしょうよw。それなりに楽しんでたようには見えたけどね。写真の下段はノアでもやってるハイジャンプアタック(仮称)。ディーノと松井レフェリーの驚き顔に注目。

さて夜の部のノア。目玉はGHCヘビータッグの選手権試合。武道館大会に森嶋の海外遠征がカブってしまうのでこりゃあベルト取られちゃうかなというのは予想してたけど、試合として十二分に面白かったので良し。新王者は秋山&力皇…こいつはズルいタッグだ。武道館で高山(&耕平?)、彰俊&KENTAも挑戦をほのめかしているし、田上&雅央も動き出した。ようやくタッグ戦線が活気付いてきたのは嬉しい限り。

それにしても、ヨネは前回武道館の秋山戦を契機に一皮向けたかな。変にモタモタしてたのが無くなって、とても頼もしく見えた。ぜひともこの調子でこれからもお願いします。

« 『涼宮ハルヒの分裂』読了 | トップページ | サクラ、サクラ。 »

プロレス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/14597833

この記事へのトラックバック一覧です: DDTとNOAHと:

« 『涼宮ハルヒの分裂』読了 | トップページ | サクラ、サクラ。 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31