無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« プレイの差、意識の差 | トップページ | DDTとNOAHと »

2007/03/31

『涼宮ハルヒの分裂』読了

『涼宮ハルヒの分裂』、ついに発売されましたな。さっそく買ってきて読み終わりましてのファーストインプレッション。

いやぁ、こう来ましたか。つか、女だったのかよ!?(謎

涼宮ハルヒ本人の分裂ではなく、もう一人の涼宮ハルヒ的存在の登場と、その人物を中心とした擬似SOS団のような存在(というには弱いが)。それによるストーリーの分岐。それなりに想像をしていた内容は流石にかすりもしなかった。今までの物語の上になりたつ第二部開始の新章として、かなりの情報量を盛り込んであって咀嚼に時間がかかりそうだ。

「起」「承」ときて「転」の"て"くらいで『分裂』は終わり、続刊『涼宮ハルヒの驚愕』へと続いている。『激奏』が終わって一段落したような気分も吹き飛ばし、とんでもない新刊が産み落とされた。うわぁ、早く続きが読みたい。待ち遠しい。

« プレイの差、意識の差 | トップページ | DDTとNOAHと »

アニメ・コミック・小説・特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/14471476

この記事へのトラックバック一覧です: 『涼宮ハルヒの分裂』読了:

« プレイの差、意識の差 | トップページ | DDTとNOAHと »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31