無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の投稿

2007/02/28

誰が悪いわけでもないのに

『Routes PE』(http://www.aquaplus.co.jp/routes/index.html)、プレイしてます。してますが…。

正直、厳しいです。フルボイスになったのはいいけど、よりにもよって主人公の声が俺には合わない。皐月、ゆかりも許容できないズレを感じてしまう。各声優さんの頑張りは感じられるんだけど、PC版をプレイしてイメージしていた脳内声との微妙な(いや、ホントに微妙な)違和感がどうしても拭いきれない。リサと七海は及第点かな。(まだ姉さん編とRoots編は未プレイ)

周りからは否定的意見は聞こえてこないので、単に俺の感性の問題らしい。音声オフにするのももったいないので普通にプレイしてるけど…『うたわれ』で贅沢になりすぎたかな。そう考えると、あのキャスティングはホントに神懸っていたんだなぁ…。

2007/02/24

『激奏』前の最後のCD到着

キャラソンCDが出始めた時に、まさかキョン妹→喜緑さんを経由して古泉&キョンまで来るとは思わなかったw。『ハレ晴れ』バリエーションをオリジナルだけ残して消して…25曲かな。『激奏』のライブパートががどれくらいあるかなぁ…トータル4時間だから、半分として2時間とする。ギリギリ入りそうだけど、そんな味気ないことしないよなぁ…。

よく考えたら、イベントパート2時間もやるわけないか。ENOZライブの再現は是非ともお願いしたいし、遊びの要素をふんだんに入れていただきたいところだ。『激奏』というタイトル通りに、ライブ優先で時間の割り振りをお願いしたいところだ。イベント:ライブ=1.5:2.5くらいでちょうどいいかも。

ハルヒ関連曲のランキングでもやってみますかね。ライブまでいい余興だw。

2007/02/21

一周年

昨日で開設一周年でした。すっかり忘れてた。思い出してよかったw。

2007/02/19

川畑輝鎮が輝いた日

2007年2月17日のノア・ディファ有明大会は、輝鎮さんにとって忘れることのできない日になっただろう。何しろ、9試合も組まれたカードの中でその日のベストバウト、しかも滅多に決まらない(というか、もしかしてフィニッシュになったの初めてか?w)ムーンサルトプレスで勝者となったのだから。

第6代グローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権
王座決定トーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負
志賀賢太郎 ○川畑輝鎮 VS ×谷口周平 潮崎豪
【27分44秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め】 

志賀も大いに喜んでいることだろう。長らく(…ぃゃもうホントに長らく)の低迷からパンチにしてブレイクして人気は高まったものの、それは前座で会場を暖めるための武器にはなっても上で使ってもらえる武器にはならなかった。この日も第四試合という順番ではあったものの、試合内容で見事に他の試合を食ってみせたのだから。

相手が若手のホープと新人のタッグだから結果としてはアリだが、その若い二人を引っ張って長い試合を盛り上げて魅せたのはベテランタッグの妙。しかも白熱した展開となったのだから、レスラー冥利に尽きるというものだろう。素晴らしい試合だった。

2007/02/14

さらば、ジーコジャパン

先日の録画データ集積専用USB接続HDDのフォーマット事件により、あまりのトラウマに見る気が失せていた2006年ドイツワールドカップの日本戦3試合+様々な試合+総集編の録画も、全て失われていたことに、今更ながらに気がつきましたorz。そろそろ見返そうと思っていただけに…残念。

結果もわかっている。内容がアレなのもわかっている。けれどもなぁ…まぁいいか。せっかくの機会だから日本戦くらいDVD買うたるかな。最後の御奉公だと思って。日本の第一期黄金時代の結実だもんな!(遠くを涙目で見つめながら)

今度はいつまで大丈夫かしら

復旧作業も一段落かな。あぁ( ゚Д゚)マンドクセー。三連休を丸々潰してようやくです。

まず、Windows復旧作戦が13時間にも渡る長期戦に。買ってきた400GBのHDDのフォーマットに時間かかった上に色々あって2回やりなおし、ドライバーインストールCDが完全DELL専用なのでCDの中から手動でぶっこ抜き、電話でWindowsの認証を取ったあとは、たまりまくってたUpdateの更新。ここまでで土曜の夜から日曜まで。気を失って夕方まで寝てたw。

元々がDELLパソってのが最悪だった。元の構成から変わってるもんだからインストールCDが認識されず、CDの中を見てそれっぽいファイルを抜き出して、片っ端から試さなければならなかった。OS単体で付属されていないというのは何とかできたとしても、これでは面倒でたまらん。大事に使おう。

今回の大失敗。OSインストール時に、焦って作業してたせいでうっかりUSB接続HDDを繋ぎっぱなしで作業してて、間違えて丸ごとフォーマットしちゃった…痛恨すぎる…orz。12月中旬以降のPC録画の番組が全て失われてしまった。心の隙にできた闇を魔物に突かれた。チクショウ。

気を取り直して旧HDDの接続→ファイルのサルベージ。恐らく全て無事。ありがたい。つまらんところでデフラグがコケただけでこの有様。今回の増設でとうとう所持HDD総量がテラバイトを越えちゃったことだし、バックアップだけは万全にしておきたいものだ。いやマジで。

2007/02/08

またか…

はい、今度はハードディスクがイカれました!orz

それは昨日の夜のこと。いただきもののちょいと上等なDVDドライブを組み込んで、まだインストールしてなかったベアボーン付属ソフトをインストールしてたわけですよ。古いPCから移植して使ってたドライブは、動作が怪しかったからほとんど使ってなかったのだ。

その中に『RECOVER PRO 2004』てソフトがありましてな。
http://www.phoenix.com/japan/Products/Trusted+Applications/Phoenix+FirstWare/FirstWare+Recover+Pro+2004/default.htm
インストール時にデフラグが必要なソフトということで、自動的にデフラグ開始。160GBということもあってしばらくかかるだろうと、雑誌を読み始めてたわけですよ。そしたら、しばらくしたらいきなり再起動を始めやがった。いくら何でも終わるにゃ早すぎる。

もうダメだったね。再起動せず。しかもセーフモードでも起動しやがらねぇ。添付ソフトの分際で、デフラグの途中でコケるんじゃねぇよバカ。というか、こういう時のためのソフトのインストールで、そのソフトが必要になる状況を作るって、どんな自作自演なんだよorz。

元々DELLのPCの再生だから、あるのはDELL用の再インストールディスクだけ。しかもそれは初期化前提のシロモノ。OSの上書きのみインストールはできない。新規にHDDを用意してそこにOSを新規にインストールした上で、データをサルベージしてやらないといけないようだ。

まずはHDDの無事を確認しようと、CDから起動できるOSを捜してみると、いいものを見つけた。会社の書庫で古い雑誌の廃棄があって、その中に『DOS/Vマガジン』2004年8月号が。その付録CDにCD起動から起動するLinux『KNOPPIX 3.4 日本語版』が収録されているのを発見したので回収してきた。バージョンは古いけど気にしない方向で。

帰宅してから早速起動。おぉ、何か普通にWindowsじゃないOSが立ち上がりましたよ。少なくとも物理的にHDDがクラッシュしているわけではないらしい。それではさっそく、ファイルを確認してみましょうかね。

  >アドレスバーに「smb://(Windwsマシンのマシン名)/(共有フォルダ名)」と入力し
  >てEnterキーを押す。これでWindowsマシンの共有フォルダにアクセスできる。

何なんだよマシン名て。覚えてないっちゅーねんorz。共有フォルダ経由じゃないと、そこから先のフォルダにアクセスできないんだそうだ。こいつでできるのはここまでか。…この三連休は増設HDD買ってきて、HDDレスキューに専念だなぁ。orz

2007/02/04

BBH2 -復活の狼煙?-

はい、細々とプレイしてました。書いてなかったのには理由がありまして…。

あまりの打てなさ勝てなさに愚痴ばかりになってしまうからなのですよorz。

知略を尽くして(?)たまーに勝ったり必死に引き分けたりすることはあっても、蹂躙されることばかりだったなぁ…。チーム打率が1割3分まで落ちた時は、本気でゲームやめようかと思ったけど…何度目かの打線組み換えで、ようやく打線が機能してきたみたい。チーム打率が9試合平均で2割3分まで上がってきた。

いつの間にやら27勝38敗19分の借金11。ようやく4段に昇格したけど、まだまだ得点力が足らない。相変わらず投手が良い仕事をしてくれるのだけが救い。それが勝ち星につながらないのは監督がまだまだヘボだから_| ̄|○。精進します。

うたわれるものPS2、2周目クリア

はい、このカテゴリー久々。『うたわれるもの -散りゆく者への子守唄-』の2周目をクリアしましたよ。

回収してなかったアイテムを拾い集め、隠し演習のラスボス大行進をクリアし(噂ほど難しくなかったなぁ)、再び最終戦闘~エンディングに涙した。このゲームは、しばらくしたらまたプレイするだろう。面白かったハードカバーの小説を読み返すように。

出会わせてくれて、ありがとう。

さて、これでようやく『Routes PE』(http://www.aquaplus.co.jp/routes/index.html)を始められるw。

2007/02/02

3・4ノア武道館に嵐の予感

『Navigate for Evolution'07』最終戦/日本武道館大会。ノアが思い切ったカードを出してきた。

▽シングルマッチ 60分1本勝負 三沢光晴 vs 杉浦 貴
▽シングルマッチ 60分1本勝負 秋山 準 vs モハメド・ヨネ
▽シングルマッチ 60分1本勝負 小川良成 vs ダグ・ウィリアムス
▽シングルマッチ 60分1本勝負 森嶋 猛 vs KENTA
▽シングルマッチ 60分1本勝負 ムシキング・テリー vs ロッキー・ロメロ
▽タッグマッチ   30分1本勝負 田上 明、丸藤正道 vs 佐野巧真、高山善廣

http://www.noah.co.jp/news.html#20070202 しかも試合順はファン投票で決まるという。

GHC王者三沢は、ヘビーに再転向した杉浦と。この試合にベルトがかかるように持っていけるか、杉浦。

下の世代との直接的なシングルを避けてきた(としか思えない)秋山はヨネと。ヨネが間違って勝ってしまえ。

小川対ダグは濃ゆいテクニック合戦再び。以前後楽園ホールで見た時の驚きを武道館でも見せられるか。

森嶋KENTAはディファの20分引き分けの決着戦。海外遠征から帰国した森嶋の進化と真価が問われる。

田上丸藤対高山佐野というのも興味深い。唯一GHCを巻いていない佐野の存在が気になる。

アンダーカードは(1)金丸、橋、青木 対 マルビン、石森、クリス・ヒーロー(2)彰俊、雅央、川畑、平柳 対 志賀、泉田、菊地、太田(3)力皇、多聞、谷口 対 バイソン・スミス、ボビー・フィッシュ、潮崎…って感じで、百田さんお休みで全9試合かな。選手権試合は今のところ無いけれど、これは楽しみになってきた。

アリーナ買っておいて正解だったぜ!w

不二家救済計画(ウソ)

Nectar

何かキタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)人(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!!!

不二家のドリンク類の販売総代理店であるサッポロ飲料が、関連商品の販売を2月から休止すると発表したのが、1月30日の午前。昼休みにそのニュースを見て、即座にネット通販で発注したものがコレw。いやぁ、不二家ネクター大好きなんだわ、ガキの頃から。好きな時に飲めないのはツライもの。

それにしても、2箱も注文したんだっけか、俺。注文履歴を見ると2箱になっているのでいいんだけど…48缶は飲みごたえあるなぁ。ま、これで早期に販売再開になったとしても、気長に飲める缶飲料だけに無問題。何しろ送料込みで1缶あたり¥95だしな!w

2007/02/01

眼科

昨日の夜、現場作業中に…専門用語が混じるから端折るが、樹脂製の配線をまとめるもので右目の白目の部分を突いてしまった。さして痛いわけじゃないが、派手な充血と妙な違和感。寝て起きても改善されなかったので、今日は会社を午前休にして眼科に行ってきた。

診察の前に視力を測らされる。『レンズ無しメガネ』をかけて片目ずつメガネに板をはめてふさぐ形で測る。1.5近くで、見えている方(板が入っていない方)にレンズを入れられた。「はっきり見えますかー?」「…!? あ、はい、見えます見えます!」生まれて初めてレンズ越しの景色が鮮明になる瞬間を体感した。レンズが何を意味するのかを聞きそびれたまま、視力検査終了。両目との1.5。健康そのもの。

では診察…の前に、ついでに『飛蚊症』の検査もしてもらうことにした。飛蚊症については各自でぐぐってほしいw。実はガキの頃から自覚症状で飛蚊症のような感じで視界に糸くずのようなものが浮遊しているのだ。今まで特に気にしてなかったのだが、これが病気の一種であるというのを数年前に知って、良いタイミングだからついでに検査してもらうことにしたのだ。何せ「眼に何かゴミでもついてんのかなぁ」くらいしか実害が無いので、このためだけに医者に行くのも躊躇われていたから。

「検査のために瞳孔を開かせる目薬を使いますねー。」「…はぁ!?」

瞳孔を開かせて、強引に中を覗き込んで診察するんだそうだ。で、数時間は効果があるので、その間は明るいところは眩しく感じるかもしれない、とのこと。まぁそのくらいならいいべさ。というわけで診察開始&終了(ぉ。結果としては白目の充血は大したことなく、飛蚊症も悪性のものじゃないので大丈夫だということだ。

さぁ帰ろうと病院を出る。時刻は11時半。お日様がてっぺんに昇るころだ。当然のように明るく…

「ま、眩しい…っ!?」

というか、眼をまともに開いていられない。ほぼ眼を閉じていないと脳髄まで響きそうな(?)眩しさだ。こんな状態で自転車に乗って会社に行かねばならんのか。交差点では周囲の人と車の動きを「何となく」察知して信号を確認する始末。ついでに路肩にぶつかって自転車ごとコケたのが2回ほど。冗談じゃねぇ。

ドラマで死体の眼にライトを照らして「瞳孔が開いてる、死んでるな」などとやっている意味がわかったよ。生きてるうちにあんなことされたら発狂するね。マジで。

眼科にはしばらく行きたくねぇ…。

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31