無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月の投稿

2006/11/29

BBH2 -重い翼-

うーむ、せっかく携帯公式に加入したし、現段階のチーム状況をまとめてみたんだけど…。

「BBH2-G.png」をダウンロード  ←エクセルでまとめたのを画像で集約w

投手陣はホントに頑張ってる(工藤以外)。問題は打撃陣。ノーヒットノーランを食らって以降、どうにも歯車が狂っている感じ。どうやっても打線がつながらない。おっかしいなぁ…il||li _| ̄|○ il||li

2006/11/26

BBH2 -厄日その2-

1126_02

そんなことがありつつも、何とか心が折れないように耐えながら試合をしていた中で…『1』でも経験の無いノーヒットノーランを食らってしまいましたよ。こちらの先発の辻内も頑張って抑えていたんだけど、まぁ打線が何もできない。サインを出してもVS出してもノーサインでも、何をやってもダメ。

互いに純正07年ver.だったから、試合自体は楽しかったんだけどなぁ…途中までは_| ̄|○。

BBH2 -厄日その1-

1126_01

ずっと通っていた『マジシャン』のずっと手前のゲーセン『ムー大陸熊谷2nd店』にもBBH2が入ったので、ここ数日は後者に通っています。今日も今日とて行ってきたんだけど…。

2ランの打ち合いで8裏にようやく勝ち越した、4-2で迎えた9回表。最初のバッターに向かって投球…というところでいきなり俺のサテライトだけ画面が暗転。何事かと思ったら…何と再起動しやがった! 生まれて初めてゲイツを憎いと思った瞬間だった。

1-1からVS2点タイムリーで9表に3-1に勝ち越して、さぁ9裏だ…というところで、全サテライトの電源が落ちた。大慌てで店員が駆けつけてきて言うことにゃ「すいません、ブレーカーがここだけ落ちたみたいで」。…どんなゲーセンだよ_| ̄|○。

失った分のクレジットとその試合の分のカードは当然貰ったけど、そんなことより苦労してようやく勝ち越した瞬間、しかも9回に、外的要因で全てが無かったことになるとは…しかも2回も!!

BBH2 -開戦!-

Bbh2

さて、パソコンが壊れていてもゲーム業界は(ry。と言うわけで、BBH2も稼働開始しておりまして、当然ながらプレイしておりますよ。後藤さんが使えなくなってモチベーションがどうなるかと思ったら、07年バージョンで原監督と苦難を共にするチームで遊ぼうと決めた瞬間に、俄然ヤル気が溢れ出てきましたよ。

「BBH2.txt」をダウンロード  長らくかかったけど初段から二段に昇格しましたよ。

稼働当初はとあるサインの組み合わせでホームランが量産できる『バグ』があって辟易としたものだけど、それもバージョンアップで解消されて、選手起用とサインの読み合いによる争いに持ち込めるようになった。『1』の時にも無かったような楽しさを味わっておりますよ。

それにしても巨人…カード化された選手がかなり移籍・退団・引退・戦力外になってる。前年に活躍した選手がカード化されているのにこの状況というのは、戦力の伝承ができていないということで宜しくないんだよなぁ…。それでも小久保よりは小笠原の方が、少なくともゲームでは期待できるw。

2006/11/25

四万温泉 6回目

1回目(『たむら』日帰り)、2回目(無料温泉巡り日帰り)、3回目(『柏屋』2泊、『中生館』1泊)、4回目(『積善館山荘』2泊)、5回目(『山ばと』1泊)に続いての6回目。

23日、休日出勤が無くなって、ぽっかりと空いた祝日。昼まで寝ててもいいくらいなのに、目覚ましを切っておくのを忘れていて、会社に行くのと同じ時間に目が覚めてしまった。どうせ早起きしてしまったのなら何かしなくては…というわけで、思いつきで日帰り温泉旅行となりました。

「おきなや」さんで足湯をいただきつつ白玉あんみつ⇒「やまぐち館」で日帰り温泉⇒奥四万湖散策というルートで滞在5時間。モニターの前を離れて自然の中に身を置くのは、いいリフレッシュになりますな。ちょっと元気をもらってきました。

やまぐち館は高くて泊まったこともなかったので初潜入。噂どおりの騒々しいw内観。肝心の温泉は内湯と温め熱め二種類の屋根付露天。施設も泉質も良い感じだったけど、¥1500はどうだろう。『たむら』と比べてしまうと、頑張っても¥1000くらいが妥当な感じ。

奥四万湖周辺は、発情期の猿が大挙して降りてきていて、モンキーパーク状態w。人に慣れてる感じはさすがに無いけど、結構近くで見れましたよ。急遽決まった話だったのでデジカメを持参できずに携帯もバッテリー無くて写真が撮れなかったのが残念で仕方ない。寒かったけど、楽しかったな。

小橋が、小橋が帰ってくる!

"GREAT VOYAGE'06"12月10日(日)、日本武道館。丸藤対三沢が行われるその場に、小橋が来場してファンに挨拶をするとのこと。

これは大いに朗報。というのも、ノアという団体は欠場選手をあまり露出させない。復帰濃厚、もしくは復帰確定にならない限りは表舞台には登場してこないからだ。若手も欠場中には滅多に外に出てこないし、あのラッシャーさんでさえ、あれだけの功労者でありながら、引退の挨拶はモニターごしでしかさせてもらえなかった。

つまり小橋は、回復が進んで復帰へのスケジュールがある程度固まった…ということなのだ! それが半年先なのか一年後なのかはわからない。でも、全てのベクトルが復帰に向けて動いている。

こんな嬉しいことはない…っ!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

GHCヘビー級王者、丸藤正道

しばらく使ってますが、新造パソコンも無事に動いているようです。このまま安定してくれればいいんだけど。

さて、パソコンが壊れていてもプロレス界は進んでいくのです。10/29に丸藤正道対KENTAのGHCヘビー級選手権試合が行われた。ジュニアクラス同士のヘビー級のベルトを争うことに加え、今年の1月に”ジュニアヘビー級”の選手権試合で対戦して、当時”王者だった”KENTAが”挑戦者だった”丸藤を破っている逆転現象、しかもベストバウト候補になりえるほどの名勝負…という前代未聞の前提の下に行われた試合。

そして、彼等は今年二度目の試合でもベストバウト級の試合を繰り広げ、丸藤は対ヘビーにも通用する決め技として『ポールシフト』(フィッシャーマンの体制で抱え上げ空中で反転させて後頭部から落とす)を開発し、試合を決めてみせた。熱く、激しく。試合後のリングで丸藤は叫んだ。「なんか文句ありますか!?」 これだけの試合を見せ付けられて、文句などあろうはずがない。見ている者の想像を飛び越えて、そこに王者が立っていた。

対戦相手のKENNTAも、試合前の雑誌記事ではこうも言っていた。「GHCヘビーがノアの象徴ということなら、俺達がそのレベルまで来たということ」。大舞台の締めを任され、その舞台で観客を大いに満足させて帰すことを義務付けられるだけの選手なら、そこに体重差なんて関係無いことを証明して見せてくれた。

12月、今年最後の武道館で三沢社長の”挑戦”を受ける。これで三沢を激闘の末に正面から粉砕することになれば、「気安く『挑戦したい』と言えないようなベルトにしてやる」という言葉が本物となるだろう。そして、かつて「ノアのジュニアは最強です」と語った言葉をも実現させることになる。

小橋のいない隙に、とんでもない加速で丸藤が走り続けている。

2006/11/21

やっとこさ

パソコンが復帰しましたよ、と。長かった…_| ̄|○。もっともまだ完全ではないですが、ネットにルーターを経由してつなげられるようになったのは大きな前進。HDDも無傷で、中身のデータはそのまま復帰できました。

結局、検査の結果DELLパソコンのマザボがいかれていることが判明、そこからCPUとグラボとメモリとHDDと光学ディスクドライブを剥ぎ取って、ASUSのベアボーン(ケースとマザボと電源のセット)に移植したわけなんですが、まぁこれが面倒面倒。よくもまぁ自作派な人はこんなんを嬉々としてやってるな。

ベアボーンhttp://jp.asus.com/products4.aspx?modelmenu=2&model=1002&l1=1&l2=1&l3=0

光学スリムドライブの移植用に買ったのがコレhttp://www.scythe.co.jp/accessories/conpane4.html

計算違いは結構あって、スリムドライブがコンパネ4号経由で認識されなかったり、ヒートシンク&ファンを買ってくるのを忘れてチャリ飛ばしたり、買ってきたヒートシンクがでかくてせっかく組んであるマザボを剥がして補強部品を入れないといけなかったり。それでも何とかここまで漕ぎつけたので、まぁ良し。メーカー修理よりは安くあがったしな。

<今後の課題>

1:電源投入直後には回っているケースのファンが、起動中に『CPU Fan Error!』『Press F1 Resume』 というメッセージと共に止まる。F1を押すと起動を再開するが、ケースのファンは止まったまま。買ってきて自分でつけたCPUファンは元気に回ってる。

2:DELLパソから剥ぎ取ってきたグラボ『RADEON X300』は金具がスリムタワー用なので、ケースに固定できない。仕方ないので金具をひん曲げて、コネクターへの挿し込みのみでついている状況。

3:フレッツな人なのでフレッツ回線専用ページが見れてたのだが、インターネットとのマルチセッションができない。まぁこれは設定の問題なので何とかなる予定。

いつになったら落ち着けるかなぁ…。

2006/11/05

うたわれるものPS2、クリア

はい、クリアしましたよ。点検に出したパソコンがまだ帰ってきてないorzおかげで、プレイに集中できました。パッド持ったまま寝ちゃった時間込みで97時間。10月29日の0時前後からプレイしはじめて、11月5日の10時にクリア。…いやー頑張った頑張った。

で、とりあえず。

おまいら今すぐ買ってプレイせよ!

移植だしとか一度クリアしてるしとか、そんなことは関係なく楽しいから。ホントに。名演に酔え。新戦闘システムに酔え。安くなってからでいいやとか、そんなアホな思考は捨てるのだ。こればっかりは「夏の暑さが残っている間に『時かけ』を見ておいて良かったなぁ」というのと同様に「この時期に遊んでおいてよかったなぁ」と言えるようになる作品だ。この満足感はPCエンジン版『イースⅠ・Ⅱ』に並ぶ最高ランクだよ。

プレイ前にボリューム設定で、音声を上げてBGMと効果音をちょいと低めにするのがコツ。そして、

戦闘の最終面ではBGMと効果音は可能な限り下げるんだ!

拾えてない諸々があるので(謎、今度はマターリと二周目遊ぼう。楽しいのが分かってるから二周目も苦にならんw。

2006/11/02

パソコンがぁ…

昨日起こったことをありのままに話すぜ…

逝ったパソコンをショップに持ち込もうと会社を定時で抜け出し、最後に確認しとこうとコンセントを挿して起動させてみたら…通常起動しやがった…。

半信半疑でモニターにつないでみると、画面のプロパティが初期設定に戻っている上に、抜いておいた機器類(LAN&USB)の設定が軒並み失われており、ネットにも繋がらない。でも、それも『システムの復元』で全て復旧。この2日で出来なかったアレコレを済ませつつ、試しに電源入れっぱなしで寝てみたら…。

朝には再び逝っておりました…orz。

以前使ってたのが長期間故障無しでその役目を終えてくれていたので、正直困惑。どーもADSLのプランを変更してからのような気がするんだけど、それが何に影響するというのか…。そういえばスピーカーから時々『ブツッ』と異音がして、逝く直前からこんなんだったような気もするけど、何か関係あるんだろうか??

2006/11/01

パソコンが…

パソコンが逝きました…orz

今朝方パソコンをシャットダウンしようとしたら、なかなか電源がおちなくて、延々とファンが回ってて、 そのうちえらい勢いでファンが回ったかと思えば、焦げ臭い臭いまでがっ。

時間もなかったのでコンセントを抜いてケースを開けて出社。帰ってきてアレコレやってもダメ。 電源スイッチは入ってもビープ音すらせず、モニターに何も映らず、CPUファンがむなしく回るのみ。

マザボかCPUかってとこだけど…もう一年経過しちゃってるから修理も有料なんだよねぇ…近くのショップにでも持ち込んでみるか…ハァ。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31