無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« 日本対ブラジルPV/その3 | トップページ | 小橋建太が好きです »

2006/06/24

ジーコジャパンの残したもの

ジーコ自身が自分で言っていたが、結局オーストラリア戦での大逆転負けが全てだったわけで。クロアチア戦での引分けもブラジル戦の敗戦も想定の範囲内だった以上、内容も結果も痛すぎた。まぁ最大の戦犯はジーコ本人なわけだが、ジーコの視界に日本サッカーが届いていなかったことの証明でもあった。

ブラジルと相対して、ジーコがやりたかったサッカーというのはこれなんだなというのが良くわかった。バックボーンとして戦術じゃなく相互理解があって、互いが互いを信じられるから、勇気をもって攻め込める。そのためにチームをいじることをよしとしなかったのだろうし。

ただ、それは歴史として『自分達のサッカー』が共通認識として浸透しているブラジルだから可能なのであって、日本にはまだ早い『大人のサッカー』だった、ということなんだろう。何年かかるかはわからないが、日本が日本のサッカーを本当の意味で掴んだ時こそ、ジーコの思想が生きるはず。

チームに対する思想はあったジーコだが、チームをマネージメントする力は最後まで養われなかった。プレイする選手が求めているものを感じる能力を、初監督であるこの4年間で身につけられなかった。オーストラリア戦のあの辛い時間帯で、それは最悪の形で露見した。

結局、ジーコの理想は未熟な日本サッカーにはまだ早く、日本サッカーは未熟なジーコの監督能力では支えきれなかった、ということなんだろう。日本サッカーの土壌を耕せる能力を持った監督が、まだ日本には必要だった。

そういう意味では、あの時期のトルシエという監督は正しい選択だったと思う。あとは、戦術という名の添え木で固めなくてもしっかり立てるように、日本サッカーを育てられるだけの手腕を持った監督にバトンが渡されていたなら、今回の結果は違っていたはずだ。上積みが無いままで自由に枝を広げた結果としてバランスを失い、少しでも上手くいかなくなると攻撃も守備もおぼつかなくなってしまうのが、ジーコジャパンの到達したチームだった。

相手も辛い時に動けた時には、日本も相手を切り崩せるのだ。事切れぬスタミナと、走りこむスピード。確実なパスワークとトラップ。簡単に当たり負けないボールキープ力。枠に飛ばせるシュート力w。今のサッカーに上積みすべき要素は多いけど、それができなければ、さらに厳しくなるアジア枠を勝ち抜くことは難しい。早々に決まるだろう新監督には、日本のサッカーを『育てられる』人物を期待したい。

« 日本対ブラジルPV/その3 | トップページ | 小橋建太が好きです »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167787/10655604

この記事へのトラックバック一覧です: ジーコジャパンの残したもの:

« 日本対ブラジルPV/その3 | トップページ | 小橋建太が好きです »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31