無料ブログはココログ

尻1

  • 尻1

尻2

  • 尻2

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月の投稿

2006/04/30

ごーるでんうぃいいいーーーく!

GW明けの出張も無くなって、非常に軽やかな気持ちで突入しましたよ。例年通り、3~5日は仲間内で群馬方面でへ旅行。その前には実家にも帰ります。

29:寝て過ごした<前日深夜までBBHしてたw

30:旅行の準備の買出しその他。レンタカー内でかけるCD作成とか。

1~2:帰省。

3~5:仲間内で旅行。

6:多分疲れて寝てるw。

7:恐らくプロレスリングSEM観戦。前回も休日だったのに行けなかったから、今回は気合入れていかないと。GW最終日だから混むぞ~。

2006/04/29

BBHその17

GW突入記念で気合の8試合。結果としては、4勝3敗1分。でも絶好調(恐らく)の井川と川上憲伸以外は何とかなったかもしれない敗戦。チーム改革後、早くもそれなりにヒットがつながるようになった。ちょっとわかりかけてきた気がする。気がするだけかもしれないがw。

監督:れび/6段(復帰!) チーム:ジャイアンツ 本日までの通算戦績:34勝30敗8分(貯金4)

○投(10人):<光>工藤公康、桑田真澄、上原浩治、木佐貫洋(中・抑)、<光>佐々岡真司、金村暁、和田毅、西口文也、薮田安彦(中・抑)、豊田清(中・抑)

○捕(2人):阿部慎之介、<GR>古田敦也

○内(7人):<白>後藤孝志、<光>清原和博、小久保裕紀、<光>小坂誠、井端弘和、ラロッカ、岩村明憲

○外(6人):<光>高橋由伸、ローズ、鈴木尚広、SHINJO、多村仁、村松有人

二:井端(ラロッカ、鈴木、小坂)
遊:小坂(ラロッカ、井端)
左:高橋由(ローズ)
三:後藤(岩村)
中:SHINJO(村松)
一:清原(小久保)
右:多村(鈴木)
捕:阿部慎(古田) 

2006/04/28

BBHその16

某所で知り合ったプレイヤーさんとマジシャンで待ち合わせ。かなりやりこんでる人で、そのプレイを見させていただいた。純正西武と、わざと作ったキラGR揃いのASチームで、計3試合ほど。

わかったことは、特別なことはしていない、ということ。控え選手もできるだけ起用して(無理には使わず)調子の上昇下降を見る。相手チームの傾向を見極める。状況に応じて的確なサインを出す。当たり前のことを当たり前に遂行できてこそ、勝利はついてくる。大いに参考になった。

何せ、今まではスタメンは可能な限り固定、HR狙いとVSロマン偏重主義w。バージョンアップ前ならそれでも勝てたけど、今のバージョンでは監督の采配がモロに影響してくるようになった。ランクが急降下したり弊害もあるけど、監督の実力をはかるという意味では良い変更だったんじゃないかな。

という訳で、チーム改革を断行。フレキシブルにナインを組み替えられるような形で運営していくことに。ラミレスを解雇、岩村が新加入。面子としてはほぼ煮詰まったか? 改革の効果が現れるのはしばらく先になるだろうけど、もうちょっと足掻いてみたい。

監督:れび/5段 チーム:ジャイアンツ 本日までの通算戦績:30勝27敗7分(貯金3)

初体験ばかり

先週はいろいろなことがあった(なら即日で書けというのはごもっとも)。

『徹夜でBBH祭り』の時は、明け方でテンション上がってる状態でゲーセンの実際にボールを蹴るPKゲームをやり、準備運動レスでやったら太腿を肉離れで全治二週間。そろそろ二週間だけどまだ違和感ある。さらに、こないだの新人歓迎会で、居酒屋で季節的に微妙な生牡蠣登場、見事にジャストミートして翌日会社欠勤。

肉離れも食中りも、今までの人生の中では無かったこと。年を食ったということなのか、単に不摂生が祟っているということなのか。

2006/04/23

BBHその15

両方とも初段相手に1勝1敗。とりあえず毎回攻撃的サインを使って練習。臆病になってちゃいかんのだなと。佐々岡にエンドラン強行して見事勝ったりしたし。後藤が読み勝ちの2点タイムリー打ったりしたし。サインを成功させて、勝って行くしかないんや!

監督:れび/5段 チーム:ジャイアンツ 本日までの通算戦績:30勝26敗6分(貯金4)

2006/04/22

業務連絡

諸般の事情により、ワールドカップドイツ大会への遠征は中止になりました…。il||li _| ̄|○ il||li

行きたかったよぅ・゚・(つД`)・゚・

BBHその14 ちょっと心機一転

『24時間営業のゲーセンに深夜に行って店舗内対戦をやりまくろう計画』は、見事に頓挫_| ̄|○。深夜にBBHをやりにくる物好きなんていやしねーよと思っていたら、いましたよいっぱいw。人気があっていいなと思うのと同時に、大都会の夜中のゲーセンはやはり不夜城なのだということを思い知る。次回は都心から離れたところでやろう。

-----------

監督:れび/5段 チーム:ジャイアンツ 本日までの通算戦績:29勝25敗6分(貯金4)

☆選手一覧(記載なき選手は<黒>カード)

○投(10人):<光>工藤公康、桑田真澄、上原浩治、木佐貫洋(中・抑)、<光>佐々岡真司、金村暁、和田毅、西口文也、薮田安彦(中・抑)、豊田清(中・抑)

○捕(2人):阿部慎之介、<GR>古田敦也

○内(6人):<白>後藤孝志、<光>清原和博、小久保裕紀、<光>小坂誠、井端弘和、ラロッカ

○外(7人):<光>高橋由伸、ローズ、鈴木尚広、SHINJO、多村仁、村松有人、<光>ラミレス

【基本スタメン】小坂(遊)、SHINJO(中)、由伸(右)、後藤(三)、ローズ(左)、清原(一)、鈴木(二)、阿部(捕)

一塁 : 清原(D)、小久保(D)、後藤(D)、ラロッカ(C)

二塁 : 鈴木(D)、小坂(B)、井端(B)、ラロッカ(B)

三塁 : 後藤(D)、小久保(B)、ラロッカ(B)

遊撃 : 小坂(A)、井端(B)、ラロッカ(C)

-----------

最近の主な選手の戦績はこんなんです ←右クリックで別窓で開いてくだせぇ

先発はよく抑えてる。これで勝率五分なのは監督がヘボなせい_| ̄|○。何せ打線が繋がらない。ランナーを貯めて一発が今までのパターンだったけど、バージョンが上がってからというもの好調のホームランバッターでも強振放置だけではホームランを打たなくなった。攻撃時のサインの使い方をもっと鍛えないと…。

2006/04/14

BBHその13

深夜に24時間営業のゲーセンに行って、仲間内で店舗内対戦をやろうということになる。発起人は俺w。ならば可能な限りチーム強化だということで、さくっと4試合。

-----

初戦は大知将燕。大勇将、大闘将と試合してきたけど、大知将が一番恐ろしかった。サインを駆使して2安打に抑えこまれてる間に被安打17。7回まで0-0で踏ん張った桑田をリリーフした木佐貫が3失点して負け。何もできなかった_| ̄|○。

2戦目は6段竜。これなら良い試合になるかと思ったらとんでもない。相手が大花火大会。Tウッズ2本、福留1本、今まで全く怖くなかった城島2本_| ̄|○。ヒット数は大差ないけど、これじゃ勝てない。2試合連続被完投完封。

3戦目はさっきとは別の6段竜。こんどこそ良い試合をと意気込んで0-0で迎えた5回、相手がコンティニュー拒否でCPU戦に_| ̄|○。意地で7回に集中打で7得点で快勝。由伸グランドスラムのおまけ付き。

最終戦は8段虎。投手戦で迎えた7回、好機に佐々岡に代打ラミレスを出して得点できなくて、リリーフ陣が打たれて敗戦。しかもカードの反応が悪くて交代できずにマウンドに立ってしまい1安打されたラミレスが負け投手_| ̄|○。小久保の逆境強振HRも出たけど及ばず。互いに必死の好試合になりました。

-----

監督:れび/5段(また降格) チーム:ジャイアンツ 本日までの通算戦績:26勝19敗6分

☆選手一覧(記載なき選手は<黒>カード、<NC>はノンカード)

○投(10人):<光>工藤公康、桑田真澄、上原浩治、木佐貫洋(中・抑)、<光>佐々岡真司、金村暁、和田毅、西口文也、薮田安彦(中・抑)、玉木重雄(中・抑)

○捕(2人):<GR>古田敦也、<NC>阿部慎之介

○内(6人):<白>後藤孝志、<光>清原和博、小久保裕紀、<光>小坂誠、立浪和義、ラロッカ

○外(7人):<光>高橋由伸、ローズ、鈴木尚広、SHINJO、礒部公一、村松有人、<光>ラミレス

【基本スタメン】小坂(遊)、SHINJO(中)、由伸(左)、後藤(三)、ローズ(右)、清原(一)、鈴木(二)、古田(捕)

2006/04/09

BBHその12 ~復活飛翔編~

記事がBBHに埋め尽くされているけど(゚ε゚)キニシナイ!! 大連敗のあと少し迷いもあったけど、リアル上原のペナントでの熱投に刺激されて再燃。打順を入れ替えメンバーをいじって再び戦場へ。

何故かw早朝8:30からのプレイは、初戦はCOM竜相手で復帰戦勝利。2戦目は七段燕に被安打13ながらも桑田-岡島のリレーで5-3勝利。この2試合で六段復帰。3戦目は勇将七段虎相手に8回までリードするも岡島が連打されて3-4で逆転負け_| ̄|○。4戦目は大闘将竜。237勝162敗88分とかアリエナイ戦績の相手に3-2で辛勝。レベル3~4の白選手過多で、好きな選手でやってるんだなぁという印象。

監督:れび/六段 チーム:ジャイアンツ 本日までの通算戦績:25勝16敗6分

☆選手一覧(記載なき選手は<黒>カード、<NC>はノンカード)

○投(10人):<光>工藤公康、桑田真澄、上原浩治、岡島秀樹(中・抑)、<光>佐々岡真司、金村暁、和田毅、西口文也、薮田安彦(中・抑)、玉木重雄(中・抑)

○捕(2人):<GR>古田敦也、<NC>阿部慎之介

○内(6人):<白>後藤孝志、<光>清原和博、小久保裕紀、<光>小坂誠、立浪和義、ラロッカ

○外(7人):<光>高橋由伸、ローズ、鈴木尚広、SHINJO、前田智徳、村松有人、<光>ラミレス

【基本スタメン】小坂(遊)、SHINJO(中)、由伸(左)、後藤(三)、ローズ(右)、清原(一)、鈴木(二)、古田(捕)

迷っている

もうすぐドイツで行われるワールドカップ…チケット付き観戦ツアーの申し込みをするか、しないか。

¥500000近くが1試合の観戦だけでアッサリ吹っ飛ぶ…どうしようどうしよう。

2006/04/01

BBHその11 ~泥沼連敗編~

前回の連敗を早いうちに払拭すべく、飲み会の帰りにゲーセンへ。勢いこんでプレイしたものの、ものの見事に返り討ち。今日だけで4連敗、前々回ラストの敗戦から数えて通算7連敗。ラスト3試合は対大勇将3連戦だったけど、そんなもの理由になんかならない。

実際惜しい試合もあった。2試合目は白清原にVSサヨナラホームランを打たれ、4試合目は9表に黒SHINJOにVS決勝ソロを食らった。初期の神がかり的なVSに頼りすぎたツケなのか、いざという時にタイムリーが出ない。ゲームとしてのBBHを、どう遊んでいいのか悩み始めている。監督がこれではチームが勝てるわけがないじゃないかil||li _| ̄|○ il||li。

ゲームでの連敗でこんなに凹むというのに、リアルプロ野球で二桁連敗とかしちゃったチームの監督なんて、どんだけ凹むんだろう。自分の力だけではどうにもならない現実をゲームを通して噛み締めて、今年はプロ野球を見る目が変わりそうだ。そしてリアルジャイアンツ、開幕勝利おめでとう。

監督:れび/五段(六段から降格) チーム:ジャイアンツ 本日までの通算戦績:22勝15敗6分

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31